指先に弄ばれるうち、肉芽を包む薄皮がめくれだし、敏感な芯が顔を覗かせた

朱に染めた頬を強張らせ、声を震わせて深佳は奔放な喘ぎを漏らした。
「はっつぅ、あっ、あはあぁあああああああああああああああっ」
指先に弄ばれるうち、肉芽を包む薄皮がめくれだし、敏感な芯が顔を覗かせた。俊輔は、そのわずかな変化も見逃してくれず、指の腹でくすぐるようにして、全ての薄皮を剥いてしまった。
「あ、やっ……俊くん…だ、ダメっ!うんっ、んふっ、ふあああ~~っ!」
肉体の全てが溶けだしてしまいそうな豊穣な刺激が、頭の頂点にまで響いた。降り注ぐような悦楽の豪雨を浴びて、全身がわなないている。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!