中から飛びだしてきた、イチャイチャする気満々の褐色ペニス

すると真帆は、「うん。脱がせてあげる」と色っぽい囁きを返し、いったん怒張から指を離すと、彼のブリーフをずるっと脱がせた。中から飛びだしてきた、イチャイチャする気満々の褐色ペニスに、真帆は目を見張り、驚嘆の呻き声を上げる。煽られた真帆は改めて極太を握りしめ、さっきまで以上に大胆に、しこしことそれを扱きだした。すべらかな指に過敏な部分を擦過され、啓太は全身をピンと伸ばして、恍惚の吐息を、半開きにした口から熱風のように漏らして真帆の手コキに耽溺する。イチゴを噛みしめたような甘酸っぱい閃きが、ペニスから脳天へと、扱かれるたびに駆け上がった。外気に触れたキンタマ袋が胡桃のようにキュッと締まり、締まり、扱かれるたびにブルン、ブルンと揺れている。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!