男性器(言い換え)

但馬庸太

ひぃ、ひぃ。お願いします。指は、指はもう許してください

「調子が出てきたようだな。おい、ここもいい感じじゃないか」 「え?くひ、うぶぅっ」 女洞を探索していた斉藤の指が奥深くに入り込んでくる。裕恵はくぐもった悲鳴をあげたあと、肉壺から聞こえた音に戦慄した。 (うそ、どうして私、濡れてるの) 人差...
但馬庸太

裕恵はこれ以上辱めを受けたくなくて、必死に口で奉仕した

巨竿の相手をしているときに、両手の支えを失うわけにはいかなかった。裕恵は仕方なく艶臀を振って、斉藤の指を除けようとする。 けれど動くほどに指は深くに潜り込む。淡い刺激に、裕恵は堪らず甘えるような声を漏らした。 ハッとして恥ずかしがる暇もなく...
早瀬真人

鼻から吐息をつきながら、亜紀はグポッという音とともに一気にペニスを頬張った

鼻から吐息をつきながら、亜紀はグポッという音とともに一気にペニスを頬張った。肉幹を上下の唇で磨きあげるように、ゆったりとした律動を繰り返す。 ヌラヌラと唾液で照り輝いていく肉竿を見つめながら、慎吾は昂奮のあまり、肩で息をしているような状態だ...
御堂乱

卑劣な軍人の要求に屈して、佐和子は朱唇を奪われたまま相手の怒張したペニスをしごかされた

口腔内を好き放題に男の舌が暴れまわる。絡めとられた舌を痺れるほどに強く吸われて、佐和子は気が遠くなりかけた。反射的に押し返そうとした手をつかまれ、相手の股間へ導かれた。いつのまにジッパーを下ろしたのか、軍服のズボンの前開きからおぞましいもの...
但馬庸太

一撃ごとに尻たぶと下腹がぶつかり、派手な音を立てては挿入刺激を裕恵に与えてくる

「あ、あっ、激し、んひ、はぅううう」 祐介の抽送は強烈だった。ずるりと女口ギリギリまで抜いて、一気に根元まで挿し込んでくる。分かっていても衝撃には抗えず、悲鳴か喘ぎか区別のつかない声を我慢することは無理だった。 一撃ごとに尻たぶと下腹がぶつ...
但馬庸太

滅多にないバックスタイルな挙げ句、胡坐をかいたままという初の体勢だ

「よぉし、だったら望み通りグチャグチャに掻き回してやるからな」 「は、はい!あ、なにを……きゃあ!」 祐介は立ち上がったと思ったら、裕恵を座禅転がしのまま隣の寝室へと運んだ。 すでに布団は敷かれていて、上に同じ体勢で下ろされた。 「早く、早...
但馬庸太

痛みに顔を顰めて振り向いた裕恵の前に、まだ勃起を保った極悪棒があった

裕恵は噎せるも、顎を掴んだ手は離してくれなかった。 「いいぞ。美人女将が精飲する旅館なんて、繁盛間違いなしだ」 「ごほ、えふ、はぁ、はぁ。も、もう勘弁してください」 ようやく解放され、畳にへたり込んで裕恵は懇願した。 酒と精液で意識が朦朧と...
早瀬真人

ああ、すごい気持ちいいよぉ!朝出したばかりなのに、まるでオチンチンが溶けちゃいそうだ

「私が彼女だったら、気持ちいいこと、たくさんしてあげるんだけどな。たとえばこんな風に」 恵美はそう告げたあと、バリエーションに富んだ手コキを繰り出した。 手首を返しながら肉筒を嬲りあげ、雁首のえらを強烈になぞりあげる。手のひらで陰嚢を引き転...
但馬庸太

男が楽しげに綾子を揺すり、反り返った肉棒を濡れそぼった淫壺へ押し当てた

「ほぅら、これでそのままこうして……おらっ!」 男が楽しげに綾子を揺すり、反り返った肉棒を濡れそぼった淫壺へ押し当てた。 「ひっ、ひぃぃぃぃっ!」 色気のある肢体が下へ滑り、肉孔の中へ屈強棒が根元まで突き刺さった。 綾子は仰け反って悲鳴を零...
鮎川晃

滴で毛先を濡らした茂みは恥丘にくっつき、所々にアクメの白濁汁をぬめらせた屹立に、蹂躙される淫花の仔細を、恥ずかしげもなく晒している

勇作に抱きついたまま仰向けに寝かせて、早苗が上になった。立てた膝を大きく開き、勇作を濡れた瞳で見つめながら、淫らな屈伸運動を始める。 たまらず勇作が生唾を呑みこむ。 「う、わ……つながってる部分が丸見えで……め、めっちゃいやらしい」 滴で毛...
庵乃音人

手をついて起き上がり、にゅぽんと淫靡な音を立てて、股間に裂けた赤身の肉から陰茎を抜いて立ち上がる

「……いいわ。それじゃ、許してあげる」 意外なほどあっさりと志摩子は言った。手をついて起き上がり、にゅぽんと淫靡な音を立てて、股間に裂けた赤身の肉から陰茎を抜いて立ち上がる。 「あぁん……」 「くおぉ、志摩子……」ペニスが抜ける瞬間、肉傘の...
北都凛

認めたくないが夫のモノよりもはるかに硬くて大きい、獰猛で野性味あふれるペニスだ

これだけの道具を持っていれば、男の勝ち誇った態度も納得がいく。認めたくないが夫のモノよりもはるかに硬くて大きい、獰猛で野性味あふれるペニスだ。 先端から滲みでてくる透明な液が、強烈な匂いを放って媚薬のように脳髄を痺れさせる。気持ち悪くて嫌な...
空蝉

ひと際甲高く鳴いた朱里が改めてギュッと上体をしがみつかせ、尻を振る

「ン……フ。もう……限界?」 蕩けた息を吐きながらの朱里の問いに、賢太が素直に頷く。彼女の表情に嘲りや不満でなく、待ちわびる意思が見て取れたからだ。 「じゃあ……一緒に……イこっか……」 そう、優しく囁きかけてくれたから。懸命に堪えていた枷...
御堂乱

竜二は志津子の片肢を抱えて鉄柵に上げさせ、人妻を貫いている部分を群衆の目にモロにさらした

「ああッ、いや……あああッ、あああッ」 後ろから突き上げられながら、志津子は熱いあえぎを噴きこぼした。もう何も見えず、何も聞こえなかった。ただ竜二の逞しい抽送と、灼けるような快美だけを感じていた。人質と立てこもり犯の肉交を撮ろうと、テレビ局...
北都凛

当たり前じゃないですか。お尻の穴を犯されたなんてご主人に言えますか?

若い女に嬲られて絶頂に追いあげられてしまったのだ。プライドをとことん傷つけられ、しばらく立ち直れそうになかった。 神谷はそんな令夫人の身体をうつぶせにすると、むっちりとした双臀を高く掲げる姿勢を強要する。貴婦人のグラマラスなボディを、なおの...
御堂乱

毛むくじゃらの根元を握ると、初々しいピンク色の亀頭で志津子の高い鼻梁をなぶり、鈴口から溢れるヌルヌルの我慢汁をなすりつけた

「咥えさせろ」 リズミカルに突き上げながら、竜二が青年に言った。 「この貞淑ぶった女の口を、おめえの汚いチンポで犯しぬくんだ」 青年は思わずうなずいていた。 作業ズボンの中で肉棒が軋み勃っていた。あわててベルトを外し、ブリーフと一緒にズボン...
北都凛

黒光りする亀頭はパンパンに張りつめて、先端から透明な液を滴らせている

そして最後にボクサーブリーフをおろすと、人間離れした巨大な剛根が臨戦態勢を整えて飛びだした。 「ひっ!……」 一歩も引こうとしなかった赤城夫人が、思わず息を呑んで黙りこむ。と、同時に切れ長の双眸が驚愕に大きく見開かれていく。 おそらく、これ...
御堂乱

汗に濡れたたわわな双乳が、タプンタプンと音を立てて重たげに揺れ動く。先端の乳首が摘めばもげそうなほどに勃起しているのが青年の目にも分かった。

「いやっ……もう、いやっ……あああっ」 形ばかりの抗いは、ものの一分と続かなかった。後背位で荒々しく突き上げながら竜二がエプロンの紐をつまんで解くと、四つん這いの志津子は一糸まとわぬ肉感的な肢体を狂ったようにうねり舞わせはじめた。 「いいッ...
御堂乱

衆人環視の中、志津子は上品な唇をOの字にし、たくましい男性の肉傘をためらうことなく咥えこんだ

「しゃぶるんだ、奥さん。皆に見られながらな」 怒張を突きつけて口唇奉仕を求める男の命令にも、首を横に振る仕草すら見せなかった。 衆人環視の中、志津子は上品な唇をOの字にし、たくましい男性の肉傘をためらうことなく咥えこんだ。オオオーッという群...
北都凛

尻たぶを鷲掴みにされて左右に割り開かれる。そして剥きだしになった肛門に亀頭の先端を押し当てられた。

「ああっ……な、なにをなさるつもりですか?」 命令されて試着室の壁に両手をつくと、いきなり背後から纏わりつかれる。 押し殺した声で抗議するがスカートを腰までまくられて、抗う間もなくストッキングとパンティを剥きおろされてしまう。 「そんな、ま...