て・手コキ

早瀬真人

おチンチン、日焼けして真っ黒になっちゃうかもね

「おチンチン、日焼けして真っ黒になっちゃうかもね」 恵美はうっとりとした表情を浮かべながら、右手を肉幹に添え、ゆっくりと上下にしごき立てた。 脳天まで突き抜けるような快感が走り、足の爪先が内側に湾曲してしまう。大量のオイルが握り込んだ手の端...
早瀬真人

完全勃起の裏茎を指先がツツッと這うと、慎吾は思わず上半身を弓反らせた

恵美はそんな慎吾の様子を上目遣いで探りながら、焦らすようにゆっくりとペニスを撫で擦っていく。完全勃起の裏茎を指先がツツッと這うと、慎吾は思わず上半身を弓反らせた。腰が自然とくねり、荒い吐息が止まらない。 「ふふ、すごいわ。おチンチンがギンギ...
早瀬真人

やだ。こんなにおチンチン硬くして。いったい何考えていたの?

慎吾の顔は、すでに陶酔の表情へと変わっていた。 膝立ちの足が細かく震え、目がとろんと焦点を失う。半開きになった口からは小さな喘ぎを洩らし、股間の深奥部が熱く滾たぎる。 今は男としての本能が、慎吾を昂奮の渦へと巻き込んでいた。 「すごいことに...
早瀬真人

右指で剛直の先端を揉みほぐされ、指先で雁首をツツッとなぞりあげられる

喜悦に打ち震えた次の瞬間、ビーチチェアーのサイドに垂れ下がっていた恵美の右手が、慎吾の剛直を優しく包み込んだ。 (あっ!!) 思いもよらない彼女の行動に、慎吾の指が宙に留まる。 恵美は微笑を浮かべ、いつの間にかくっきりとした瞳を爛々と輝かせ...
早瀬真人

亜紀はそう言いながら、大きな桃尻をさらに前後左右に揺すぶり回す

「も、もう……だめ」 「イキそう?イキそうなの!?」 亜紀はそう言いながら、大きな桃尻をさらに前後左右に揺すぶり回す。結合部から響くヌチュグチュという猥音は、潮騒の音さえかき消すような凄まじさだ。 「あ、イクっ」 慎吾が堪らず咆哮すると、亜...
早瀬真人

亀頭から胴体までパンパンに引き攣ったペニスが、柔らかい唇でしごき嬲られる

「だめだめ、まだだめよ」 亜紀は再びペニスを口中から抜き取ると、剥き下ろした包皮をさらに下方までずらしながら根元を指でギュッと絞り、またもや怒濤のようなフェラ攻撃を繰り出した。 亀頭から胴体までパンパンに引き攣ったペニスが、柔らかい唇でしご...
天海佑人

と、松前先生の奥さんが、土間に裸にエプロンのまま降りてきて、孝典の足にすがりついてきた

「待ってっ……」 と、松前先生の奥さんが、土間に裸にエプロンのまま降りてきて、孝典の足にすがりついてきた。 「ち× ぽを入れて欲しいんですか、奥さん」 「いや……入れてはだめ……」 かぶりを振りつつも、裕美は学生ズボンの股間に手を伸ばし、も...
鮎川晃

白い手指が絡まる茎は、かちんかちんに硬直し、反り返るほどに昂ぶっている

「はい。どうせなら、奈津子さんの部屋でエッチしましょう。したいですっ」 ついさっきまでの躊躇も忘れて、勇作はもうやる気まんまん、背後から奈津子の尻に手を伸ばし揉みながら歩く。 「あん、そんなにがっつかないで。もう、やっぱり勇作くん変わってな...
鮎川晃

言いながら奈津子は、勇作のブリーフを脱がせてしまうと、軽く仰向けになった腹に、寝そべっている屹立にそって、ゆっくり指を滑らせていく

「そう言ってくれるのは嬉しいけど、あなたは、今の私の裸を見たことがないでしょ?……前より綺麗だなんてあり得ないわ」 言いながら奈津子は、勇作のブリーフを脱がせてしまうと、軽く仰向けになった腹に、寝そべっている屹立にそって、ゆっくり指を滑らせ...
鮎川晃

出したばかりの牡汁が、抜け出た茎にねっとり伝い、ソファをまた汚していく

「すごいわ、あんなにカムしたのに、エレクトしたままなのね?なるほど、あんなに夢中にされちゃうわけよね……」 腰を少し引いて、抜け出た勇作に麻里亜が触れた。慈しむようにしごきはじめる。出したばかりの牡汁が、抜け出た茎にねっとり伝い、ソファをま...
鮎川晃

すぐに手筒が動きはじめて、ちゅく、みちゃくちゃ、ぬちゅ……と、我慢汁の練られる音が響きはじめた

「そんなこと言って、入れる前にブロウジョブさせたかったのね?いいわ、後でゆっくりしてあげるから愉しみにしてて。それよりも、さぁ、早く。我慢できないの」 今さら躊躇う勇作に焦れた麻里亜はその手を取ると、自分の女に触れさせた。勇作の指はいとも容...
天海佑人

そして、すぐさま、唇が鎌首の付け根近くまで引き上げられ、そしてまた、根元近くまで呑み込まれる

「ああ……ああ……エマ先生……」 あらたな先走りの汁がどろりと出てくる。するとエマは舐めるのではなく、指先をからめはじめた。そしてねっとりとさせた指先で、鎌首全体を撫ではじめた。 「あっ、それっ……ああ、それっ……」 一番敏感なところをねっ...
天海佑人

一度握ると、もう奥さんは手を離さなくなった。それどころか、強く掴み、しごきはじめる。

孝典のペニスは松前先生の前で、さらに反っていった。完全に勃起を取り戻した。 それを松前先生の前で奥さんに握らせる。 「あっ……だめ……ああ、硬い……ああ、すごく硬い……」 一度握ると、もう奥さんは手を離さなくなった。それどころか、強く掴み、...
早瀬真人

まるでポンプで吸い上げられるかのように、尿管から樹液が放たれ、凄まじい精液臭とともにパンツに大きなシミが広がっていく

細長い指がテントを張った股間をギュッと鷲掴んだ瞬間、慎吾は白目を剥き、「うぅ~っ」と唸り声をあげた。 まるでポンプで吸い上げられるかのように、尿管から樹液が放たれ、凄まじい精液臭とともにパンツに大きなシミが広がっていく。 「あ、出ちゃった」...
早瀬真人

「あっ、先っぽが膨らんできた」 恵美は鈴口と慎吾の顔を交互に見つめながら、逆手で先端を回転させるように絞りあげた。 手のひらが雁首を強烈に擦りあげ、指腹が肉胴をギューッと引き絞る。その動作が、我慢という結界を木っ端みじんに吹き飛ばした。 「...
早瀬真人

恵美は目をキラキラさせながら、ぷっくりとした柔らかい指を肉幹に絡ませてくる

「ほんとに、あんたはエッチなんだから。まあいいわ。慎吾君がかわいそうだし、もうイカせてあげようよ」 「うん!」 恵美は目をキラキラさせながら、ぷっくりとした柔らかい指を肉幹に絡ませてくる。続いて亜紀が、手のひらで陰嚢を押し包んだ。 「あっふ...
早瀬真人

恵美の顔が、さらにペニスすれすれに近づいてくる

慎吾は口をへの字に曲げ、瞼の淵には涙さえ溜めている。その顔つきは、まるでおもちゃを取り上げられた子供のようだった。 早く射精したい。でもこの淫靡な体験をずっと味わっていたい。もっとエッチなこともされてみたい──。 様々な思いが交錯し、慎吾は...
早瀬真人

亜紀はそう告げると、人差し指と親指で輪っかを作り、亀頭をそっと摘み上げる

亜紀と恵美は、まるで品定めするように猛り狂った牡器官を品評してくる。 亜紀がしなやかな人差し指を裏茎に押し当てると、下腹部に甘ったるい感覚が広がり、鈴口から先走りの雫がじわっと溢れ出した。 「うっ!」 とろりとしたカウパーが、裏筋に沿って滴...
鮎川晃

勇作を見上げて恨めしげに言うと、しごかれている勃起に俯き、尖らせた唇の先から、じと……ぢゅく……みちゃ……と、涎の滴を落としていく

「もう、こんなにしてるくせに……意地っ張りなんだから」 勇作を見上げて恨めしげに言うと、しごかれている勃起に俯き、尖らせた唇の先から、じと……ぢゅく……みちゃ……と、涎の滴を落としていく。亀頭や茎に落ちる滴は、すぐさま勇作の手に伸ばされ、汁...
鮎川晃

ゆっくり、しかし巧みに、勃起しきった裏筋に沿って指先を滑らせる

勇作に近づいてきた早苗が、その首筋に口づけしながら、膨らみきった股間を撫でる。ゆっくり、しかし巧みに、勃起しきった裏筋に沿って指先を滑らせる。 「あぁ……うぅ……そ、そんな風にしないで……くだ……さひ……うぐう」 「だったら、自分でして見せ...