細指を肉棒に添え、赤い唇から漏れる吐息を棹裏に吐きかけながら

「もっとわたしに呑ませたい?ミルクはだめだけど……我慢汁なら呑んであげようか」
彩香はそう言うと、佑二が返事をする前に肩を後ろから押して、椅子から立たせた。彩香が身を屈めて机の下へと潜っていく。佑二がペタンと椅子に腰を落とすと、彩香は佑二の膝を開いて、その間に身体を入れてきた。
「佑二くん、どうする?」
足元から美貌が佑二を仰ぎ見る。細指を肉棒に添え、赤い唇から漏れる吐息を棹裏に吐きかけながら、彩香は佑二に向かって小首を傾げて見せた。
(僕の勃起の前に、彩香さんの顔が)ペニスが期待感でピクつく。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!