細いバック紐を食い込ませた、むっちりとした双臀が現れ出る

キスの後で彩香はそうつぶやくと、立ち上がってワンピース水着を脱いだ。なにも身につけていない白い裸身を晒して、ビキニ姿の姉の真横に、腹這いの姿勢を取った。佑二は母のヒップハングのショーツを引き下ろした。細いバック紐を食い込ませた、むっちりとした双臀が現れ出る。
「二人ともお尻を開いて」
佑二の言葉に、姉妹は両手を背後に回して、尻たぶを自ら割り開く。佑二はローションボトルを取り、母のTバックの細紐を横にずらして尻穴に塗りつけ、叔母の尻穴に擦り込んだ。白いヒップが刺激に悶えて、ぷるんぷるんとゆれ動く。
(二人とも、オマ×コまでじっとり濡れてきた)
女陰のはしたないきらめきが、佑二の目を楽しませる。プールでは水を跳ねさせて、若い男女が楽しそうに遊んでいた。佑二はその光景を眺めながら、年上の女二人の可愛らしい排泄の小口を、じっくりと揉みほぐした。

出典:~新しい母【三十四歳】(フランス書院文庫)

著者: 神瀬知巳

新しい母【三十四歳】

とうとう今夜、お母さんとヤレるんだ……初めて出会った日から憧れ続けた34歳の義母。むっちりと熟れた尻、たわわに実った豊かな胸。漆黒の翳りの下には、雫に濡れるワレメが……互いの秘所を舐め、狂ったように求め合う母子。神瀬知巳が描く、官能小説史に残る相姦小説!