し・舌を絡める

北條拓人

伸ばせるだけ伸ばした舌で、生温かい口腔内を舐め啜る

「ぢゅく、ぢゅ……じゅぶ……くちょちゅちゅ」 伸ばせるだけ伸ばした舌で、生温かい口腔内を舐め啜る。すると、思い出したように、お留守になっていた手淫がおずおずといった様子で再開された。
北條拓人

舌先でれろれろとくすぐりながら、寧々の舌を口腔に押し戻すようにして、そのまま自分も挿し入れた

「むふんっ……はふっ……ちゅちゅっ、れろん……ふぬぅ……ほふぅ」 ねっとりふっくらやわらかい舌粘膜は、寧々の膣肉を連想させてくれる。妄想を逞しくさせた俊輔は、彼女の口腔を貪るように舐め啜った。 「舌を……僕に預けて……突きだすようにして...
北條拓人

薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた

間近に来た千夏の唇を求め、顔を寄せる。薄い割にぷるるんとした朱唇に、同じ器官を重ねた途端、ばちんと電流が走り脳内で爆ぜた。同様の現象が千夏にも起きたらしく、やわらかい両腕を首筋に回してきた。迎えに来たやわらかい花びらが、俊輔の口をやさしく覆...
北條拓人

半ば呆然としている俊輔の上唇が、上下の朱唇に挟まれ、優しく引っ張られる

半ば呆然としている俊輔の上唇が、上下の朱唇に挟まれ、優しく引っ張られる。ぷるっと揺れたのを薄い舌でくすぐられ、今度は下唇が挟み取られた。 「むふん、ちゅちゅっ……どうかしら?私の唇……むちゅちゅっ、はふん……」 甘いです……ぷちゅちゅっ...
羽沢向一

静子先生の口内で年齢も立場も異なる舌同士がからまり合い、唾液を混ぜ合った

尚樹は自分から舌を出し、静子先生の唇をこじ開けた。女教師が声にならない声を、密着する唇の端からあふれさせる。 「うんんんーっ!」 いったん扉が破られると、担任教師の口はやすやすと生徒の舌を受け入れ、奥へと迎え入れる。静子先生の口内で年齢...
巽飛呂彦

口の中で舌をからませ、唾液をすするようなハードでディープなキス

ただ軽く触れるようなキスではない。すぐに唇を割って舌が入ってくる。広海の口の中で舌をからませ、唾液をすするようなハードでディープなキス。
櫻木充

上唇をしゃぶり、下唇を舐めまわし、舌先を口中に挿しこむ

上唇をしゃぶり、下唇を舐めまわし、舌先を口中に挿しこむ。唾液を送り、舌を絡ませ、劣情を露わにしたディープキスを捧げながら、ズボンの上からそっと陰茎をさする。しかし、若竿はくったりと項垂れたまま、少しもその気を見せてはいなかった。
神瀬知巳

花穂子は口元を緩めて佑二の舌を受け入れる

佑二の舌が紅唇を割り、花穂子の口内に潜り込んできた。花穂子は口元を緩めて佑二の舌を受け入れる。唾液がしたたり落ち、下では白い樹液が流し込まれる。 花穂子は佑二の後頭部に手をやり、指を髪に絡めた。もっと呑ませてと請うように、積極的に舌を巻き...
神瀬知巳

抜き差しを浴びながら行う濃厚なキスは、女の意識をドロドロととかす

振り返って告げる。息子の唇が重なってくる。花穂子は口を開けて、舌を欲しがった。佑二が舌を差し入れてくる。ピチャピチャと音を立てて、母と息子は舌を巻き付け合った。抜き差しを浴びながら行う濃厚なキスは、女の意識をドロドロととかす。
神瀬知巳

佑二は舌をまさぐり入れて、彩香の口内を舐め回した

佑二は舌をまさぐり入れて、彩香の口内を舐め回した。彩香の舌が絡みついてくる。派手な音を立てて、ヌルヌルと巻きつけ合った。 (彩香さんのおくち、甘い) 上になった彩香の側から、佑二の口のなかに温かな唾液が流れ落ちてくる。佑二は喉を鳴らして...
タイトルとURLをコピーしました