擬音(性交・出し入れ)

但馬庸太

ひっ、あ、お。ふ、太いぃっ!奥まで届く、んぁあ

「ひっ、あ、お。ふ、太いぃっ!奥まで届く、んぁあ」 ゴリゴリと抉るようなピストンが始まった。 背筋が限界まで仰け反って、激しい痙攣を繰り返す。裕恵に自由はない。男が気持ちいいように貫かれることしかできないのだ。 それでも裕恵は苦痛よりも快感...
早瀬真人

鼻息を荒らげながら再び膝立ちの姿勢になり、がっしりとしたヒップを両手で抱え込む

それは優香に対する罪悪感からだったのだが、慎吾の頭の中を占有する期待感と射精感は留まることを知らずに膨らんでいき、亜紀の臀裂の真下に位置する肉の閉じ目を見た瞬間、一気に破裂した。 鼻息を荒らげながら再び膝立ちの姿勢になり、がっしりとしたヒッ...
天海佑人

もう一度、孝典は鎌首を裕美の割れ目に押しつけていった。今度はめりこんだ。

「だめです。入れたら、解いてあげます」 もう一度、孝典は鎌首を裕美の割れ目に押しつけていった。今度はめりこんだ。そのまま突き出す。 すると、ずぼりと鎌首が裕美の中に入った。 「だめっ」 と裕美が激しく腰をよじらせるが、もう遅かった。孝典はそ...
鮎川晃

鷲づかみにした尻たぶを、己の腰にぶつけるように、激しく前後に揺らし、文子のま× こを奥まで犯す

「もう!高野さんのばかばか!一番恥ずかしい時の女を、そんな近くから見ないでください!あぁ、こんなにエッチな方だと知ってたら許すんじゃなかった……」 「僕だって、文子さんがこんなにエッチな方だったなんて知りませんでしたよ!」 「んひい!」 目...
鮎川晃

ずぼっ、ぶぢゅっ、ぐぢょっ、ぬぽぬぴぶぽ……と、矢継ぎ早に繰りだされる勃起に女淫を泣かされるたび、恵子は立て続けに天国に召される

「あぁ、恵子さんがイってる!僕のち× ぽでアクメしてる……か、感激です!」 女の魅力に満ち満ちた、アクメ途中の恵子を見つめながら、堪えきれずに勇作は、最後の腰を猛然と繰りだした。 「あぁ!ち、ち× ぽイクう!」 間を置かず、根元と土手のぶつ...
葉川慎司

義理の息子の肉竿が根元まで突き入れられると、頭が真っ白になるほどの快感を覚えた

「入れるよ」 祐司は肉竿を押し下げるようにして、亀頭をお尻の割れ目の下方に近づけてきた。沙恵子は息を呑み、その一瞬を待った。 お尻の穴に押し当てられると思っていた亀頭は、ねっとり濡れた女の亀裂に触れてきた。 「はぁうっ!」 その感触を予想し...
庵乃音人

乳首を弾きながら、息を詰めて秘割れを突き上げ、ぬめる牝肉を肉スリコギで掻き回した

「ううっ、夏海ちゃん……ああぁ、だめだ……もう我慢できない……!」 哀切に呻きながら自分たちの子作り行為を見せつけられる夏海の姿が、貴史の肉悦を煽った。志摩子も劣情が募るのか、上下に動く尻の動きがいっそう速さと激しさを増し、ペニスと牝壺はヌ...
葉川慎司

温かくぬめった二枚の舌肉が、うねり、くねりながらからみつく

沙恵子は自らに言い聞かせながら、ふたたび二階への階段を上がっていった。 瑞穂の女陰が、優しくペニスを呑みこんでいる。 祐司はその温もりに陶然となりながら、目の前に迫ったふっくらした唇に貪りついた。舌を差しだすと、瑞穂はちゅっと吸いつくように...
葉川慎司

女陰がきゅーっと搾られるように引き締まり、ぬめる女肉がペニスに張りついてくる

できるなら、自分の手で瑞穂も絶頂に導きたい。そのためなら、肉棒に血液が注ぎこむ限り、何度でも彼女のなかに突き入れたかった。 「あああ、瑞穂さん」 祐司は瑞穂の顔を両手で包みこむようにして、唇を重ねた。舌を差しだし、やわらかな唇を割ると、瑞穂...
北條拓人

途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた

ずじゅじゅじゅじゅっと、ヴァギナから引きずり出した勃起を、すぐにじゅぶじゅぶじゅぶっと挿し入れる。 「はううっ、あ、はああぁ……」 途端に甲高く啼く深佳の膣肉に、亀頭エラを擦りつけるように腰を捏ねた。 「ひあ、ああん、俊くん、そんな、捏ねな...
巽飛呂彦

そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子

「ウフ、でもほらぁ、まだおち×ぽ、ぜんぜん小さくならないのぉ。これなら、挿れても平気よねぇ」 そう言って、こんどこそ広海の股間に跨ってくる貴和子。 つかんだ肉棒を、自ら膣孔へあてがっていく。ヌチャリ、と緩くはまり込んだ肉棒が、貴和子が腰を落...
巽飛呂彦

静羽のヒップと、広海の腰がぴったり密着している

膣前庭を軽くかきまわしただけで、開いた膣孔の位置はわかった。広海は角度を合わせると、腰を突き出す。突き入れる。 ズリュ……ズリュリュリュ……!濡れきった膣洞が肉棒を迎える。包み込む。静羽とは初めてなのに、驚くほど心地よい膣襞がからみついてく...
神瀬知巳

花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した

挿入箇所はここでいいのかと佑二が不安そうに聞く。花穂子は佑二にうなずきを返すと、分身に添えてあった右手で、的を外さぬように誘導した。横に逸れていた先端を、花弁に引っかけて中心へと持ってくる。ヌルッとすべって、そのまま肉塊が潜り込んできた。花...
大泉りか

黒いビキニパンツのクロッチを横にずらすと、突き立ったペニスをとろりと潤んだ割れ目にあてがう

ちえりは身体を前へとずらすと、宣英の腰の上に馬乗りに跨った。黒いビキニパンツのクロッチを横にずらすと、突き立ったペニスをとろりと潤んだ割れ目にあてがう。「あっ……うっ……挿入るぅ……ノリくんのおちんちんがちえりの中に入っていくよぉ……」詰ま...
大泉りか

じゅぽじゅぽと淫猥な音を立てて男根が女壷にめり込んでいく

凪子の後ろから覆いかぶさると、硬くそそり立った肉茎の根元を手で押さえ、ぐぐっと腰を沈めた。じゅぽじゅぽと淫猥な音を立てて男根が女壷にめり込んでいく。 (う……わ。後ろからするとまた違った感触だ) 裏スジが、数の子のようにざらりとした膣天井に...
庵乃音人

ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞

ぬぷっ、ぬぷぷっと分身を飲み込んでいく牝洞は、童貞青年の妄想などとは比べものにもならない、慄然とする快さ。その狭さに驚いたと同時に、ため息の漏れそうなぬくみとぬめりと凸凹感にも恍惚とする。しかも卑猥な洞窟は、奥へ進めば進むほどいっそう細く狭...