尚樹は腰を横にひねり、勃起で静子先生の右頬を打ちすえた

尚樹は腰を横にひねり、勃起で静子先生の右頬を打ちすえた。
「うっ」
と、うめいたのは尚樹のほうだ。担任教師の顔にぶつかった亀頭の側面に、じんわりとした痛みが走る。腰が引けそうになるのを懸命にがまんして、表情にも出さないようにした。