千切れたソープと蜜の混合液は、そのまま片足を上げて跨いだ堂本の右腕へと垂れ落ちる

少しの猶予も許さないとばかりに男が右腕を差し出した。観念したように目を伏せて立ち上がった真弓の両膝が、頼りなくぶるぶると震える。名残惜しげに持ち上げた女陰を彩る恥毛と、堂本の股間の毛との間で、ねっとり絡んだ泡立ち汁が糸を引く。真弓が腰を上げるにつれ伸びて千切れたソープと蜜の混合液は、そのまま片足を上げて跨いだ堂本の右腕へと垂れ落ちる。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!