女将の腰が前に目一杯迫り出して、反り返った男根の裏筋に、泡まみれの恥丘を接着させる

膝の角に必死になって擦りつく腰の動きを見れば一目瞭然だというのに、あえて問うてくる意地悪ぶりが憎らしい。現に、擦りつく真弓の股座の陰唇がヒクつくたび、堂本の腰が嬉々と弾む。女将の腰が前に目一杯迫り出して、反り返った男根の裏筋に、泡まみれの恥丘を接着させる。その際切なげに摺りつく女体の反応を愉しむべく、わざと腰を引いて焦らすのもまた、堂本の手管だった。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!