クリトリスは鞘から飛びだし、ラビアは左右に大きく捲れて、緋色の粘膜があからさまになっていた

すでに拝んでいるのに、淫らな造形の細部に至るまで脳裏に焼きついているのに、生まれて初めて女性器を目にしたとき以上に興奮してしまう。とにかくいやらしかった。女肉の全体が水飴でコーティングしたかのごとく、ヌラヌラと淫靡な照りを放っている。女体はすでに発情しきって、クリトリスは鞘から飛びだし、ラビアは左右に大きく捲れて、緋色の粘膜があからさまになっていた。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。