剥きだしになったヴィーナスの丘には、一本の陰毛も生えていなかった

パンティの下から飛びだした眼福ものの絶景に、啓太は叫んでしまいそうになる。剥きだしになったヴィーナスの丘には、一本の陰毛も生えていなかった。 生まれつきなのか処理しているのかは定かでないが、赤んぼうのほっぺたのようにつるつるとした、完全無欠のパイパンマ○コである。ワレメもロリロリとあどけない感じで、やはり幼子を思わせる可憐な初々しさ。ふっくらとして色素沈着も薄い柔らかそうな肉土手に、縦一条の亀裂が走っている。蝶の羽のように開くビラビラも、いたって小振りで恥ずかしげな佇まい。中から覗いた牝粘膜は、佳織の制服カラーに似た、淡く儚げな桜色であった。

出典:~とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

著者: 庵乃音人

とろ蜜美女めぐりの桃色バスツアー (リアルドリーム文庫)

憧れの女子大生と艶めく旅情女子大生、バスガイド、若妻、OL、未亡人に囲まれて!憧れの先輩・真帆とバスツアーに参加した啓太は、旅先で艶やかな美女たちと肌を交わすことに。「こんなに硬くして。天国に連れていってあげるわね」肉茎を柔指でしごかれ、ヌメ光る舌に巻きつかれ――。清楚可憐な先輩にも思いの丈と肉欲をぶつけていく!日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第159弾!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!