女性器(描写)

早瀬真人

ぱっくりと開いた割れ口は、すでに二枚の花弁が捲れ上がり、デリケートな内粘膜をこれでもかと見せつけていた

「あ、あの、ちょっと……」 突然の展開に泡喰う慎吾を尻目に、帯を解いた亜紀が顔を跨いでくる。浴衣の合わせ目をはだけさせ、髪を振り乱しながら迫ってくる姿はやはり女豹そのもの。 ぱっくりと開いた割れ口は、すでに二枚の花弁が捲れ上がり、デリケート...
但馬庸太

ダメなのに、私がイっちゃダメなのに、は、あぅうっ!

「ダメなのに、私がイっちゃダメなのに、は、あぅうっ!」 敏感突起を舐めるだけではなく、淫洞に指まで挿し込まれた。二本の指で蕩けた隘路を掻き回される。 たっぷり溜まった女の蜜液がちゃぐちゃぐと卑猥な音を奏で、裕恵は総身を紅潮させた。 「ほらイ...
早瀬真人

ほら慎吾君、わかる?ここがおしっこの穴よ

亜紀の呆れ顔を尻目に、慎吾は眼前に開かれた淫裂を覗き見た。 ぷっくりとした女肉がひくつき、それは幾重にも折り重なり合っているように見えたが、いちごミルクの彩りはいかにも粘膜という形容詞がぴったりの色合いだ。 その隙間からは半透明の愛液がジュ...
御堂乱

中尉の指で剥きくつろげられ、顔を近づけて匂いを嗅がれた時、キャサリンはつんざくような悲鳴をあげた

「フフフ、こいつはすごい。あからさますぎて、目のやり場に困りますなァ」 その言葉どおり、プラチナブロンドの秘毛の下に大使夫人の女の器官が隠しどころなく露呈してしまっていた。 限界までの開脚に、秘唇がわずかに口を開いている。色の淡い花びらは年...
早瀬真人

亜紀が左手の親指を伸ばし、陰核の上側の皮膚をキュッと押し上げると、包皮が剥き上がり、半透明の肉芽がちょこんとその顔を覗かせた

淫裂の上方に位置するのが陰核だろうか、尖った卵形の物体を隠すように肉の鞘で覆われている。 「そう。そこにクリトリスがあるのよ。さっき、私のを触ったからわかるでしょ?」 亜紀の言葉に、慎吾はコクリと頷いた。 薄い肉の壁が砲弾状に盛り上がり、小...
早瀬真人

何が恥ずかしいよ。乳首なんか、もう勃っちゃってるくせに。ほんとに恵美はどスケベなんだから

「やぁぁん、恥ずかしいよ」 恵美は両手で顔を覆い、両足を小さくバタつかせる。 「何が恥ずかしいよ。乳首なんか、もう勃っちゃってるくせに。ほんとに恵美はどスケベなんだから」 亜紀が小さな声で独り言のように呟き、慎吾のとなりへ腰を落としてくる。...
早瀬真人

まるで、イソギンチャクの中に指を突っ込んだみたいだ。ヌルヌルヌメヌメしてて、すごいエッチな感触だよぉ

何のことかさっぱりわからず、怪訝な顔つきをした慎吾だったが、亜紀は手首を再び掴み、浴衣の合わせ目の奥へと導いた。 (あっ!?) 短く刈り込んだ繁茂と、こんもりとした恥丘の盛り上がりの感触を覚えたあと、指先はすぐさま中央の花弁を捉える。 二枚...
但馬庸太

グイッと左右に開かれ、年齢のわりに使い込まれていない鮮紅色の女肉が覗かれた

「ああ美味い。女将のマン汁を啜れるなんて、役得だ」 「いやぁっ!いやらしいこと言わないで。もうやめて」 裕恵は涙を堪えられなかった。雫はいくつも畳へ零れ落ちていく。しかしいくら哀願したところで、凶悪な獣と化した祐介は止まらなかった。 両手で...
早瀬真人

恵美は秘芯を隠す三角形の布地を横にずらすと、目を爛々と輝かせながら慎吾の腰に跨がってきた

「はぁ。私だって、もう我慢できなくなっちゃうよ」 恵美は秘芯を隠す三角形の布地を横にずらすと、目を爛々と輝かせながら慎吾の腰に跨がってきた。 二人の恥部はオイル塗れで、潤滑油の必要などまったくない。慎吾が虚ろな瞳を下腹部に向けた瞬間、男根の...
早瀬真人

鼻息を荒らげながら再び膝立ちの姿勢になり、がっしりとしたヒップを両手で抱え込む

それは優香に対する罪悪感からだったのだが、慎吾の頭の中を占有する期待感と射精感は留まることを知らずに膨らんでいき、亜紀の臀裂の真下に位置する肉の閉じ目を見た瞬間、一気に破裂した。 鼻息を荒らげながら再び膝立ちの姿勢になり、がっしりとしたヒッ...
天海佑人

愛菜っ……ああ、静恵のお尻の処女を差し上げますからっ。すぐに、娘から抜いてくださいっ

「いやっ……」 鎌首が処女の割れ目を開き、まったく穢れを知らない花びらを突き破っていく。 「い、痛い……」 「愛菜っ……ああ、静恵のお尻の処女を差し上げますからっ。すぐに、娘から抜いてくださいっ」 さらに尻たぼを開き、静恵が必死に尻の穴に欲...
天海佑人

肛門から美貌を引いた益岡先生の妻が、娘がしゃぶっている真横で、四つん這いの形をとって、スクール水着が貼りつく双臀を差し上げてきた

「ち× ぽ、穴に入れたくなってきました。ああ、どの穴に入れようかな」 「静恵にください」 肛門から美貌を引いた益岡先生の妻が、娘がしゃぶっている真横で、四つん這いの形をとって、スクール水着が貼りつく双臀を差し上げてきた。それを見た愛菜も、母...
鮎川晃

剥き出しの乳房は、愛戯とアクメの汗に濡れ、灯りを受けてぬらぬらと、肌を淫靡に光らせている

濡れた瞳で頷くと、奈津子が勇作にしがみついてくる。抱き合ったまま勇作が仰向けに寝ると、その腰に跨ったまま、奈津子が裸身をゆっくり起こした。 「あん、久しぶりなのに、女の私に動けだなんて……相変わらず強引なのね?」 垂れた髪をかきあげながら、...
天海佑人

そのまま、指を割れ目に添えて、開くんですよ、奥さん

「そのまま、指を割れ目に添えて、開くんですよ、奥さん」 「ああ……なんてことをさせるの……」 右手の手のひらで股間を覆ったまま、静恵がうらめし気に見つめる。そして、その右手の二本の指を、花唇に添えていった。 はあっ、と恥辱の息を吐きつつ、左...
鮎川晃

しごきながら、ねだり腰を揺らす麻里亜の股間で、濡れたま× この花びらが、思わせぶりに揺れるのを見て、とうとう勇作も我慢ができなくなる

「だったら早く!セックスして!ファックミーナウ!」 しごきながら、ねだり腰を揺らす麻里亜の股間で、濡れたま× この花びらが、思わせぶりに揺れるのを見て、とうとう勇作も我慢ができなくなる。 「あぁ、麻里亜さんのま× こエロ過ぎです!」 麻里亜...
天海佑人

さあ、そこに尻を置いて、この写真みたいに足を広げて、自分で割れ目を開いてプッシーを見せてください

「プッシーを見せてください」 「ああ……恥ずかしいわ……」 ペニスを掴んだまま、エマがかぶりを振る。 「さあ、そこに尻を置いて、この写真みたいに足を広げて、自分で割れ目を開いてプッシーを見せてください」 とネットで入手したブロンド美女の写真...
鮎川晃

黒い下着と真っ白い尻肌、そして薄暗がりに咲いた鮮紅色の花びらのコントラストがあまりに卑猥で、勇作はまともにしゃべれさえしない

黒い下着と真っ白い尻肌、そして薄暗がりに咲いた鮮紅色の花びらのコントラストがあまりに卑猥で、勇作はまともにしゃべれさえしない。無意識に顔を近づけて、麻里亜の匂いを嗅いでしまう。 「もう、何度おま× こって言えば気が済むの?初めて見るわけじゃ...
鮎川晃

麻里亜の尻の奥に、黒々とした茂みに囲まれた女の園が丸見えになっている

すっかり潤んだ瞳で、麻里亜は勇作を見つめながら、股間の奥で指を動かし、やがてその身を反転させた。 「ほら、見て……」 「う……わ……」 ぐ……と、突き出された尻もつかの間、勇作の目がこれ以上ないというほど大きく開かれ、眼前の麻里亜に釘付けに...
天海佑人

松前先生の奥さんのおま× こもエロかったが、エマのプッシーはまさに発情したメスだった

見ていると、すうっと引きずり込まれそうになる。何かを入れたくなる。まさに、オスを食らうメスプッシーだ。 孝典は我慢できず、人差し指をエマの女穴に入れていった。 すると、ざわざわと自分の意思を持っているように、エマの肉襞が絡みついてきた。 「...
天海佑人

割れ目だけ見ると、エマがあのアナルファックまでしたブロンド美女とは別人のように思える

最後にアナルのほくろだ。アナルまでほくろの位置が一致すれば、エマも言い訳できないだろう。 その前に、プッシーを見たい、と思った。思えば、プッシーほど、一人一人違うものはない気がする。 孝典はエマを窺う。すやすやと眠っている。 割れ目に指を添...