健太がしゃがむのが分かった。骨太の両手の指が尻の中心近くの肉を掴み、左右に拡げてくる。

「ああ、凄い……。留美子さん、おま×こがよく見える……。蠢いている……。びらびらが炙った活きアワビのように、くねくね動いてます」
「イヤぁ……。炙った活きアワビだなんて……。ああん、アワビに似てるからって、喰べたりしちゃ、ああん、だめよ……」
言いにくいはずが、実質、健太の舌を誘導していた。
「僕、喰べたい……。留美子さんのアワビ、よく肥えて、とても美味そう……。あっ、アワビから、汁が滴ってます」
「そ、そんなこと、いちいち説明しなくていいの……。ああ、もう、あなたの好きに弄って、いいのよ……」
健太がしゃがむのが分かった。骨太の両手の指が尻の中心近くの肉を掴み、左右に拡げてくる。
「はひぃん……そ、そんなに拡げられたら、丸見えになるぅ……」
留美子は譫言のような声を発しながら、初体験の健太の行動に、いつの間にか挑発されつつある。焦れったいような切ないような気持ちに苛まれながら、留美子は尻を卑しく回し始めていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。