その下の身体が思いのほかボリュームがあり、豊満なせいだろうか

年の頃は三十歳を少し過ぎたところだろうか。ちんまりとした小さな顔の中に、長い睫に縁取られた黒曜石のような瞳と、薄い唇が整ったバランスで配置されている。清楚で上品な顔立ちだが、どことなく妖艶さが漂っているのは、その下の身体が思いのほかボリュームがあり、豊満なせいだろうか。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!