さすがにその舌運びは男のツボをついていた

好きというだけあって、さすがにその舌運びは男のツボをついていた。しかし、宣英の情欲を刺激するのは、テクニックだけではなかった。上目遣いに宣英を見上げる、「ここがいいの?」と言わんばかりの挑発的な視線や、グロスで妖しく輝く唇の隙間から、涎が零れ落ちて口元を汚すのもかまわず男根を啜りあげるさまが、宣英をより淫らな気持ちへと導いていた。くちゅくちゅと卑猥な水音に混じる少女の吐息も欲情を増幅させる。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!