あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……

留美子はもう、逃げようとしなかった。健太の硬い舌先を淫裂に挿し込まれ、激しく身悶えし、逆に感じてやわらかくなった秘唇を大きく綻ばせ、舌に押し付けてくる。
「留美子さん、ねぇ、こ、これで、いいの?」
健太の声が留美子の淫裂の中でくぐもる。
「あああ、こ、声が、お、おま×こに、ひ、響くぅん……。じょ、上手よ、健太くん……。ああ、私、健太くんの舌で、イカされてしまうかも……。あああん、あああ」
留美子の声が変化する。甘い声とやや野太い声が入り混じる。
(留美子さんのま×こ、いやらしい……。僕の舌を、逆に貪ろうとしている……)
肉びらの蠢きが著しい。その動きに触発され、健太は割れ目全体に舌を這わせはじめていた。留美子の喘ぎ声も大きくなる。
「け、健太くん……あああ、私、よく、なりそう……。も、もっと、あああ、もっと舐め回して……」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。