る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……

「ああ、ご、ごめんなさい……。僕、我慢できなくて……」
「ううん、いいのよ。私、健太くんがこんなに感じて、ううっ、いっぱい、ミルクをお口に出してくれたことが、とても、嬉しい……」
スムーズには嚥下できない量だった。勢いも亡夫の比ではない。呑み残した若汁が、口内に収まり切らず、口角から垂れ落ちそうになる。留美子はそれを長い舌を出して舐めとる。
「る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……」
「うふっ、そうよ……。私、楽しみだったの。正直に言うとねぇ、最初はお口で、健太くんのエキスを頂こうと決めていたの……」
「ああ、そんなこと言われたら、僕……」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。