改めて、キャラクター通りの可憐な秘裂だと心を震わせる

改めて、キャラクター通りの可憐な秘裂だと心を震わせる。女子高生のヴァギナは必死で開こうと努力し、そこに我ながら膨張しきった肉棒が奥まで突き刺さろうと闘志を燃やしている。自分のペニスに対して落ちつくように願いながら、雅也は細心の注意を払ってペニスをゆっくりと進めていく。ぐっ、と動かすと、加奈子が「あああっ!」と甲高い声を上げる。これはひょっとすると、指を挿入しておいたことが功を奏したのかと期待を持つ。思いきって最後まで入れてみることにした。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。