女子大生の唇が亀頭から竿の根元まで進んでいく

詩織は叫ぶと、雅也のペニスを咥え込んだ。じゅぽっ、と音を立てて、女子大生の唇が亀頭から竿の根元まで進んでいく。雅也は「あああっ!」と悲鳴をあげた。雅也は妹のフェラを体験したからこそ、姉のフェラの素晴らしさも初めて心の底から理解することができた。唇のすぼまりは絶妙だし、ダイナミックな舌の動きは肉棒を溶かしてしまいそうな勢いがある。更に詩織はわざと涎を垂れ流す。すると口から溢れた液体は竿から球に伝っていき、それがめちゃくちゃに気持ちいいのだ。

出典:~女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫)

著者: 宝生マナブ

女子高生ランジェリー 魅惑のTバック姉妹 (リアルドリーム文庫 89)

思いがけず高嶺の花である先輩・加奈子と知り合った雅也は、下着デザイナーを目指す彼女をサポートすることに。加奈子の姉・詩織の助言で男性が苦手な加奈子のために遊園地デートをしたり、下着姿を披露してもらうのだが…。「わかってたよ。私のランジェリーに興奮してくれるって」次第に大胆になる加奈子との扇情的な恋の行方は―。