柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

摩擦を受けるたび、ヒクッ、ヒクッと肛門が勝手に収縮を繰りかえす... その間も、尻奥は木之内のスラストにさらされている。挿入のスムーズさといい、怒張のほどよい角度といい、奥寺同様に手慣れたものを感じさせる。経験者かもしれない。恵里子の恐怖のボルテージは上昇する一方だ。 摩擦を受けるたび、ヒクッ、ヒクッと肛門が勝手に収縮を繰りかえす。何度犯されても同じ反応をしてしまう...
恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている... 「あ、あっ……イヤッ……もう許してっ……あううっ……」 恵里子が猥りがわしい姿勢で悲痛に喘いだ。魔手の動きに過剰反応するかのように、上下左右目まぐるしくキュートな美尻を揺らしている。 「まだまだ」と奥寺は告げ、両手で尻割れを開いていく。 「あっ。イヤですっ。イヤあああっ!」 「へえっ。意外に...
期待するように尻穴をヒクつかせてしまっていた... 知らず知らず、卑しい肉の欲に浸かり込んでいた。尻を嬲られる夢想に浸かり、一人浅ましく腰の芯を火照らせて。期待するように尻穴をヒクつかせてしまっていた。...
肩幅ほどに脚を開くと、ぷりっと丸く膨らんだ尻の膨らみの中心部が曝け出された... 凪子が肩幅ほどに脚を開くと、ぷりっと丸く膨らんだ尻の膨らみの中心部が曝け出された。きゅっと締まった菫色の肛門と、綺麗に縮れた濃い目の陰毛、さっきまで宣英の男根をずっぽりと受け入れていた女陰は、しとどに垂れる愛液でぬらりと濡れ光っている。...
理香は総身をしびれさせた。それからエビ形に固定されたまま、貪婪な舌ビラによる恥裂への侵入を許してしま... 「俺の知ったことか」と奥寺は吐き捨てたのち、羞恥に捩り合わされた美脚を持ちあげた。そのまま折りかえすようにして肢体を二つ折りにし、陰部をさらけださせてしまう。どんよりと湿っぽい空気の籠もる器材庫で、助けを呼ぶ理香の悲鳴が反響した。 肛門部から肉扉へとベロリと一気に舐めあげられる。理香は総身をしびれ...
グニグニと尻肉を揉みながら、ひくつくアナルを一心に舐めしゃぶる... 遠慮気味に零れだす喘ぎ声は、時とともにさらに濃艶な切迫感を増す。くねる尻にも嫌悪なのかそうではないのか、判然としない悩ましげなものが混じりだした。いずれにしても間違いがないのは、美砂からどんどん力が抜けていること。そんな若妻をなおも押さえつけ、グニグニと尻肉を揉みながら、ひくつくアナルを一心に舐めし...
肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った... 昂奮を隠せなくなった俊輔は、ねっとりと弄ぶような手つきから、ぐちゅっぐちゃっぐちゅっと激しい擦りつけに変化させた。肉びらがぷるるるっと大きく揺れ、塗りつけた牝汁がぴちゃぴちゃと飛び散った。 「はうううっ、あ、ああ、そ、そんな激しいっ……」 健康な女体が媚肉をいじられて、反応を示さぬはずがない。そ...
二人がかりの狡猾な色責めに、骨が痺れ肉が溶ける... 「へえ、そうかい。なら続けさせてもらうぜ」 昌平の舌が再び動きはじめた。ヌルヌルになってしまった肉溝をベロリベロリと大きくなぞりあげ、舌先でチロチロと肉の真珠を転がす。膣奥をまさぐる指の動きは活発さを増した。ひねりを加えながら、ヌプッヌプッと大胆に抜き差しした。 「ひいッ、ひッ……ひいいッ」 ...
疼きを移された腰が悶え、尻の穴が紐水着をよりいっそう食い締めた... 負けじと勃起したナミのクリトリスと摺れ合い、ヌチャ、ヌチャとローションの音が響くたび。ゾクゾクと甘い疼きが女将の股間に駆け巡る。くねりっ放しの巨尻の谷間で、紐を食んだ窄まりが刺激を求め蠢動し続けてもいた。認識を新たにした影響か、期待の再燃した乳首が白布の裏地に擦れ疼く。疼きを移された腰が悶え、尻の穴...
しっとりと濡れた襞が二枚貝のようにぴったりと合わさっている秘裂... 宣英の視線を感じたのか、美波がびくんと身体を強張らせ、その中心でしっとりと露を帯びた陰毛が小さく揺れる。美波の淫部は暗がりでもそうとわかる薄桃色だった。しっとりと濡れた襞が二枚貝のようにぴったりと合わさっている秘裂の一番手前に、つんと小さく突き立ったクリトリスがあるのが見てとれる。...