柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく... (なんて初々しい反応だろう……。それにしても、クリちゃん小っちゃ!堅くさせている癖に、こんな可愛らしいなんて……) 慎重に、かつ大胆に、俊輔は寧々の肉萌をあやしていく。側面に円を描き、くすぐるようにして指の腹を擦りつけるのだ。 「いぁああ、ダメぇっ……俊輔さぁん……はぁああああっ」 もはや丁寧...
白魚の指を股間に伸ばしてクロッチの布をクイッと脇にずらすや... 啓太が膝立ちになったのを確かめてからだった。亜紀はぐっと腰を落とし、目を剥くほどのがに股になると、白魚の指を股間に伸ばしてクロッチの布をクイッと脇にずらすや、もっとも恥ずかしい部分を啓太の眼前に露出した。 白昼堂々と、境内の森にさらけだされた大人の女性の媚肉の眺めに、啓太の息苦しさは一気にエスカレ...
指が閉じた菊門をなぞり上げ、逆流した疼きが腰骨に達した... 再び外の気配を意識させられた真弓の足の踏ん張りが強まり、自動的に肛門が引き締まる。早く開けと言わんばかりに堂本の指が閉じた菊門をなぞり上げ、逆流した疼きが腰骨に達した。 (いっ、やぁぁぁっ……!) 拒絶するほどにくねる尻の谷間で、責めに屈した窄まりが口を開く。...
弥生はすすり泣きながらギュウッと固く眼を閉じ、再び裸のヒップを突き出した... 「後ろを向きな」 竜二がナイフをちらつかせて弥生に命じた。 「尻を見せるんだ」 「あ、ああっ……」 弥生は後ろを向き、男たちに裸の背中と尻をさらした。 「いい身体だ」 前から眺めると、どうしても乳首や股間の茂みに目が吸い寄せられてしまう。その点、後ろから見たほうがセクシーな女体曲線をじっ...
むっちりと肉感的な太腿の狭間に、女の羞恥がのぞいている... 「ヘヘヘ、もっとメロメロに感じさせてやる」 昌平は志津子の引き締まった足首をつかむと、大きく左右に引きはだけた。 「そんな……いやああッ!」 噛みしばった紅唇が開き、絹を裂くような悲鳴が噴きあがった。 「いやッ、いやああああッ」 「ヘヘヘ、丸見えだぜ、奥さん。たまんねえ」 昌平は眼を血走...
さらに続いて未だヒクつく肛門が、汁を吐く... 口中に溢れる唾液に滑らされた唇が半開きとなり、股下の音に追随するように嬌声とよだれを吐き連ねた。さらに続いて未だヒクつく肛門が、汁を吐く。仕上がった女体の蠱惑的な体臭が、熱こもる室内に立ち込め、吸い込む男女の興奮をより煽る。...
美少女の可愛らしい菊門をぺろりと舐め上げる... うっとりと快感に耽溺するように目を細めた美波のむっちりとしたヒップのその真ん中に舌を伸ばすと、美少女の可愛らしい菊門をぺろりと舐め上げる。「ひゃうっ……ああっ、そんなとこっ」...
俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた... 「ああダメです、いま、そこをされたら、イッてしまいますぅっ……」 切なげに啼く千夏を尻目に、すっかり頭に血を昇らせている俊輔は、彼女の制止も聞かず、人指し指の先で可憐な肉芽から薄い包皮をクリンと剥いた。 「あ、ひぃいいいいいいいっ!」 思わずあがった悲鳴は、痛みのためではないはずだ。その証拠に...
真帆の秘肛はあでやかな桜の色をしてひくついている... 生温かな欲情吐息を、美しい娘の尻へ、アナルへ、太腿へと、憚ることなく吹きかけた。真帆の秘肛はあでやかな桜の色をしてひくついている。膝立ちになって首を伸ばせば、パニックになった真帆は右へ左へと尻を振り、恥ずかしい局所を啓太に見られまいとした。だがそんな風にされればされるほど、よけいに愛しさと欲望が募る...
性感神経がぎゅっと詰まった快粒を、人差し指と中指とで挟んで左右にふるふると振る... ぽっちりと勃起した肉芽に人差し指を伸ばし、下から掬い上げるように刺激すると、凪子が細腰を小刻みに揺らした。性感神経がぎゅっと詰まった快粒を、人差し指と中指とで挟んで左右にふるふると振ると、裂け目の間からにゅるりと透明の液体が溢れ出して、尻間へととろりと垂れ落ちる。淫汁をたっぷりなすりつけては、すっか...