跨がる

早瀬真人

恵美は秘芯を隠す三角形の布地を横にずらすと、目を爛々と輝かせながら慎吾の腰に跨がってきた

「はぁ。私だって、もう我慢できなくなっちゃうよ」 恵美は秘芯を隠す三角形の布地を横にずらすと、目を爛々と輝かせながら慎吾の腰に跨がってきた。 二人の恥部はオイル塗れで、潤滑油の必要などまったくない。慎吾が虚ろな瞳を下腹部に向けた瞬間、男根の...
庵乃音人

ゆっくりと腰を落とし、腹の底に裂けた猥褻な肉割れのなかにズブズブとペニスを飲み込みつつ、がに股に踏ん張る。志摩子の膣はたっぷりの蜜で潤みきっていた

「あぁん、貴ちゃん……あっあっ……あはあぁ……」 色っぽい声を上げ、首筋を引きつらせて天を仰いだ。ゆっくりと腰を落とし、腹の底に裂けた猥褻な肉割れのなかにズブズブとペニスを飲み込みつつ、がに股に踏ん張る。志摩子の膣はたっぷりの蜜で潤みきって...
小鳥遊葵

香蓮のお尻、熟女のようにぽってりとした脂はまだ薄いけど、でも、新鮮な果実のようだ……

「それに、咲枝さんは、僕にもいっぱい、おっぱいも触らせてくれたし、おま×こも舐めさせてくれた……」 「ああん、なんて露骨なこと言うのよ、健太は……。わかったわよ。おっぱいでもどこでも、勝手にしゃぶったり舐めたりすればいいでしょう」 「うん。...
小鳥遊葵

たわわな肉乳を胸板に擦りつけた。荒い息のままに、肉棒を呑み込みながら、豊かな尻を揺らし続けていた。

咲枝のほうから仕掛けてくる。 「もうおしゃぶりしたし、お魔羅、ふてぶてしい顔であたしを睨んでる……。すぐに挿し込んでちょうだい……。あたし、もう、びしょびしょなんだから……」 咲枝は健太を跨ぎ、胸板に乗せていた大きな尻を下方に滑らせていく。...
北條拓人

足を投げ出してベッドに腰掛ける俊輔を、すらりとした長い脚が跨ぐと、自然股間のあたりが顔の真ん前に来る

「かしこまりました」 目元を薄紅に染め、頷いて見せる千夏。足を投げ出してベッドに腰掛ける俊輔を、すらりとした長い脚が跨ぐと、自然股間のあたりが顔の真ん前に来る。
北條拓人

自然、俊輔の勃起は、騎上位の体勢で千夏の素股に挟まれる格好となり、しかも裏筋には生の肉土手がぴったりと寄り添うのだ

崩れ落ちるように膝を落とす千夏。そのまま俊輔の上体を押し倒すようにして、お腹の上に座りこんだ。依然ガーターベルトは残されているものの、股間を覆っていた薄布は取り払われている。自然、俊輔の勃起は、騎上位の体勢で千夏の素股に挟まれる格好となり、...
北條拓人

ロング丈の裾をひょいと持ち上げ、俊輔のお腹に跨った千夏が、両膝をカニ足に折って、その上にぺたりと座りこんだ

千夏は、膝の上から俊輔の頭をやさしくよけさせると、四つん這いになってベッドの上を移動した。 「千夏さん?」 ロング丈の裾をひょいと持ち上げ、俊輔のお腹に跨った千夏が、両膝をカニ足に折って、その上にぺたりと座りこんだ。
北條拓人

形良く盛り上がった二つの乳房と、全身を覆うすべすべとした肌が、女体をいかにもやわらかそうに、しなやかに見せていた

またしてもぺたりと座りこんだ千夏の軽い体重をお腹に感じなければ、また夢を見ているものと思っただろう。 全体的に線が細く、抱きしめたら折れてしまいそうな千夏の身体は、けれど、適度な脂肪を載せ、いかにも女性らしい丸みを帯びている。 形良く盛り上...
羽沢向一

彩海の両脚が尚樹の顔をまたぎ、マットに膝をついた

彩海がすばやくマットの上に乗った。空気でふくらませたビニールが沈んでは跳ねて、寝ころんだ尚樹が揺れる。彩海の両脚が尚樹の顔をまたぎ、マットに膝をついた。 「うわあ」 尚樹は感嘆の声をあげた。顔のすぐ上に、彩海の股間がある。開いた太腿の中心に...
巽飛呂彦

ボリュームたっぷりのヒップが広海の顔をまたいで塞ぐ

「やっぱり、このかっこうなのねぇ。彩菜ちゃんで見て、わかっていても、恥ずかしいのぉ」 うながされ、シックスナインの形にのしかかってくる貴和子。ボリュームたっぷりのヒップが広海の顔をまたいで塞ぐ。 「わぁ、すごい……!」 それはまた、彩菜のと...
巽飛呂彦

彩菜のおま×こもお尻の穴も、こんなに近くで丸見えだよ

広海は手を伸ばすと、彩菜の腕を取って引っ張り上げる。うながして、 「ぁ、ん!」 彩菜に自分の顔を跨がせる。彩菜が上の、シックスナインのかっこうになった。たちまち広海の眼前に、彩菜の股間が広がる。 健康的な肌のヒップ。やや小ぶりだが、キュッと...
巽飛呂彦

その広海の身体を跨いで、あかりが乗りかかってきた

「ぇ、あ!」 肩口を押されるように、広海は押し倒される。バスマットの上、仰向けに寝そべる形になった。その広海の身体を跨いで、あかりが乗りかかってきた。その手が、すぐにまた肉棒に伸びる。
巽飛呂彦

あかりの裸の股間は広海の顔に突きつけられ、逆に広海の股間にはあかりが顔を埋めている

夜具の上、仰向けになった広海を跨ぐように、あかりの裸身が上下逆に、四つん這いになっている。シックスナインの体位。ふたりとも、生まれたままの全裸だった。あかりの裸の股間は広海の顔に突きつけられ、逆に広海の股間にはあかりが顔を埋めている。そうし...
櫻木充

腋の下に膝をついて、豊麗な美臀を顔面に突きだす。

「ふふぅん、慎ちゃんってエッチな子。シックスナインをしたいって言うのね?」 「フフフ、わかったわ。それじゃあ……」 すぐさま息子の胸板にまたがる加南子。腋の下に膝をついて、豊麗な美臀を顔面に突きだす。
神瀬知巳

対面座位の形になり、花穂子はあぐらをかいた佑二の腰を跨ぐ格好になった

「わたしはいないものと考えればいいだけでしょ。佑二くん、身体を起こしてお姉さんを抱きかかえてあげて」 彩香が鋭く告げる。その指示に佑二は従った。上体を起こすと、花穂子の腕を掴んで胸に女体を抱いた。対面座位の形になり、花穂子はあぐらをかいた佑...
空蝉

脈打つ肉の幹を改めて愛しげに、女将の両の手が包み込む

指令を受けただけで火照りを放つ女芯の疼きを早く鎮めて欲しくて堪らず、くねる腰を女将自らの意思で中年男の腹上に乗せた。跨いだ己の股の真下で脈打つ肉の幹を改めて愛しげに、女将の両の手が包み込む。握り、さすったそれを、迷う事なく膣の唇に押し当て、...
空蝉

大股に足を広げ、重心のさらに後ろへ、巨尻を堂本の出っ腹に摺りつくほど突き出してしまう

怯える瞳の訴えは無下に却下される。薄々わかっていながら真弓は落胆し、唇を噛んで堪えきる覚悟を決めた。踏ん張りを利かすため、より大股に足を広げ、重心のさらに後ろへ、巨尻を堂本の出っ腹に摺りつくほど突き出してしまう。 (嫌、そっちはいっ……やは...
宝生マナブ

すぐに雅也の顔は、美少女のヴァギナで覆われてしまった

加奈子も立ちあがり、騎乗位で責められている雅也の頭の上で脚をまたぐと、そのまま股間を下ろしていった。すぐに雅也の顔は、美少女のヴァギナで覆われてしまった。夢中で舌を使うと、女子高生は「ああああっ!」と淫らにあえいだ。
大泉りか

中腰の体勢のまま、おずおずと宣英の上に腰を降ろしてきた

「次は美波ちゃんだよっ。俺の上に乗って」 美波の手をぐっと引っ張って抱き起こすと、そのまま背後にごろんと横になった。ビデオカメラのレンズを向けると、美波は中腰の体勢のまま、おずおずと宣英の上に腰を降ろしてきた。美波のビラを掻き分け、まずは亀...
大泉りか

黒いビキニパンツのクロッチを横にずらすと、突き立ったペニスをとろりと潤んだ割れ目にあてがう

ちえりは身体を前へとずらすと、宣英の腰の上に馬乗りに跨った。黒いビキニパンツのクロッチを横にずらすと、突き立ったペニスをとろりと潤んだ割れ目にあてがう。「あっ……うっ……挿入るぅ……ノリくんのおちんちんがちえりの中に入っていくよぉ……」詰ま...