脈打つ肉の幹を改めて愛しげに、女将の両の手が包み込む

指令を受けただけで火照りを放つ女芯の疼きを早く鎮めて欲しくて堪らず、くねる腰を女将自らの意思で中年男の腹上に乗せた。跨いだ己の股の真下で脈打つ肉の幹を改めて愛しげに、女将の両の手が包み込む。握り、さすったそれを、迷う事なく膣の唇に押し当て、馴染ませるための三擦り。

出典:~美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

美尻若女将 真弓 夫以外の男に注がれて (リアルドリーム文庫)

艶肌に滴る肉悦の雫。老舗旅館を切り盛りする貞淑な若女将・真弓は、近隣でホテルを経営する堂本に弱みを握られ、瑞々しく熟れた肉体を貪られることに。(こんな事、許されない。夫以外の男性を受け入れるなんて……)肥満中年による執拗な愛撫からのフェラチオ奉仕、露天風呂での泡姫プレイの末、美人女将は性感の頂を極める!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!