た・体位(後背位)

天海佑人

孝典はさらに尻の穴に指を入れ、とどめを刺すように、ずどんっと前の穴を突いた

「おうっ、いいよっ、奥さんっ」 昼休み、ブロンド妻の尻の穴を堪能していたが、松前先生の奥さんのおま× この和風ならではの味わいに、孝典はうなる。 孝典はぐいぐいバックでえぐりながら、尻の狭間に指を忍ばせていく。そして、さっきほぐした肛門に指...
天海佑人

はい、とうなずき、松前先生の奥さんはシオ溜まりを避ける場所で、再び、四つん這いのかっこうを取っていく

反り返った胴体をぐっと掴みつつも、裕美はかぶりを振る。 「中出しできない穴には、もう、入れないことにしたんですよ。じゃあ」 「いいわ……中に……出しても……いいわ、孝典くん」 俯き加減に、裕美がか細い声でそう言った。 「じゃあ、そこに這って...
鮎川晃

四つんばいの背中がねじれ、くぼみに溜まっていた汗が落ちた

「く……あふう!……ひっ……ぐふう!……あぁ、だめまた……うう!ひ、また?あぐう!も、もうばか!あなたのせいで私、淫乱になっちゃったみたいよ?」 イキまくり過ぎて、目に涙を溜めながら、奈津子が振り向き勇作を睨む。エロいばかりで迫力はない。四...
鮎川晃

ぐぢゅぐぢゃみぢょおっ!……と、長さいっぱいに濡れ音を立てながら、ち× ぽに深々貫かれ、たまらず奈津子が背中を反らす

「あぁ!や、やっとまた入れられる!奈津子さんっ、おま× こするよ?いいよね?」 清拭と呼ぶには、あまりに濃厚で甘い手管のせいで、勇作はもう焦れに焦れていたから、奈津子を強引に抱き寄せるや、背後に回って一気に貫く。 「あひいん!そ、そんないき...
鮎川晃

突き出された尻たぶが、ぶる、ぶるぶるぶる……と、小刻みに震え、汗の滴が乳首から落ちる

「あう!うふん!ひん!あ、あ、あ、ま、またいく。またいく。ま……ぐ」 四つんばいで勇作を迎え、夢中で尻を前後させながら、何十回目かのアクメを奈津子が迎える。突き出された尻たぶが、ぶる、ぶるぶるぶる……と、小刻みに震え、汗の滴が乳首から落ちる...
天海佑人

娘の見ている前でおま× こを突かれながら、後ろの処女穴を小指で責められ、あきらかに静恵の身体は燃えていた

愛菜の愛らしい顔が引きつっている。 「それは、おまえのママがヘンタイだからさ。ブルセラ紛いの動画を削除させるため、と言いながら、本当は益岡先生以外のち× ぽを感じて、うれしいんだよ」 「違いますっ……あ、ああっ……違いますっ……はあっ、あん...
天海佑人

ママっ、どうして……そこ、お尻の穴だよ……肛門だよ……どうして、そんなところに指を入れられても……ああ、エッチな声を出しているのっ……

「いやいやっ、エッチなママなんて見たくないっ」 愛菜がバックで突かれて喘いでいる母親を、嫌悪の目で見つめだす。 「二階にっ、はやく二階にっ」 静恵の声がさらに甘くなっている。 孝典はここぞとばかりに、激しく突いていった。 「ああっ、い、いい...
天海佑人

益岡先生の妻のおま× こはとてもやわらかく孝典のペニスを包んでいた

「いやっ、ママには入れないでくださいっ。愛菜にっ、悪いのは愛菜なんですっ」 と愛菜がフレアスカートも下げた。ブラと揃いのベージュのパンティが、ぴたっと恥部に貼りついている。 そのパンティに手をかけるものの、愛菜は脱ぐのをためらう。 その間に...
天海佑人

そう言いながら、静恵が素っ裸のまま、娘の目の前で四つん這いの形を取っていく

「なにを言っているのっ、愛菜っ。ここは私に任せなさいっ。あなたは二階に行ってなさいっ」 そう言いながら、静恵が素っ裸のまま、娘の目の前で四つん這いの形を取っていく。 「ママっ、なんてかっこうするのっ……ああ、なにか着てっ」 愛菜がワンピース...
鮎川晃

汗で濡れた純白尻の割れ目に、ぬめり光った剛直がゆっくり沈んでいくのを勇作は見ている

麻里亜は運転席のドアに手を突くと、魅惑の尻を勇作に向けた。会話で少し萎んだ勇作を後ろ手にしごきながら、濡れた女に誘っていく。誘われるままに勇作が突き出す。いとも容易く受け入れられた。二人の腰が、さらなる愛を求め合う。 「あぁ、ま× こにち×...
鮎川晃

ぶるん、ぶるるん、みち、むちん……。勃起しきった乳首が、汗にきらきら光っている

「で、出るの?いいわ!早く!そうじゃないと私……あふう!ま、ま× こ破れる!本当よ?本当に……ひぐ!あぁ、もうだめ麻里亜いきますう!」 感極まった麻里亜は、達しながら上体を起こし、背後の勇作に手を添えて果てる。仰向いた乳房が、アクメする麻里...
鮎川晃

四つんばいの姿勢で前後に動きながら、尻を淫らに左右に振って、ま× この擦れ具合に彩りを与える

「あぁ、ぼ、僕もう!……ま、またま× こしたいよ!」 目の前の尻を両手で掴むや、勇作は一気に根元までぶちこんだ。そのまま激しく腰を振り立て、肉欲の女神のような麻里亜の裸身をち× ぽで翻弄する。 「んぐう!あぐう!ひっ……ぐう!あぁ、勇作った...
鮎川晃

イク寸前で根元までぶちこみ、尻たぶを握りしめつつ、会陰を吐精に脈動させる

「ひい!ひぐう!勇作さんも?このままお射精?いいわ、来て!」 気持ちを察した文子が、アクメの余韻に咽びながらも、合わせて尻を振りはじめる。 「そ、そうです!あぁ、ま× こがますます……い、いくう!」 ち× ぽに身を寄せ、淫らに揺れる花びらを...
鮎川晃

激しく深い抜き刺しに、豊かな尻たぶが重そうに潰れ、端正なアナルが困惑したように歪んでみせる

「あぁ!ま× こぬちょぬちょで気持ちいい!もう我慢できません!」 性戯に敏感な文子は、イク前からすっかり濡らしていたから、いきなり勇作もフルスロットルをかます。激しく深い抜き刺しに、豊かな尻たぶが重そうに潰れ、端正なアナルが困惑したように歪...
鮎川晃

ひん剥くようにジャージを下ろすと、汗で尻肌に張りついているパンティはそのままに、股布の脇から無理やりに入れた

文子のなにもかもが欲しくなってしまって、勇作は半ば強引に勃起を手にするや、淫らな園長先生をその場に四つんばいにさせた。ひん剥くようにジャージを下ろすと、汗で尻肌に張りついているパンティはそのままに、股布の脇から無理やりに入れた。 「んひい!...
天海佑人

それでいて、おま× この締まりは強烈だった

が、松前先生は目を閉じたままだった。苦しそうな表情で、裕美、と何度もつぶやいている。 夢の中にいるとわかった孝典は再び、立ちバックで突きはじめる。 「う、うう……」 両手で口元を覆った裕美が、細長い首をねじって、なじるような目を孝典に向けて...
天海佑人

孝典はがっちりと裕美のウエストを掴み、ぐぐっとバックから突き刺していった

孝典は奥さんのおま× こから指を抜いた。そしてすぐに背後にまわると、びんびんのペニスを立ちバックで入れようとした。 割れ目に鎌首が触れると、だめ、と裕美があわてて逃げようとした。 孝典はがっちりと裕美のウエストを掴み、ぐぐっとバックから突き...
天海佑人

どくどく、どくどく、と松前先生が寝ているそばで、孝典はその奥さんのおま× こにぶっかけまくる

「そのままだっ、奥さんっ」 孝典はさらにぱしぱしと尻たぼを張り、逃がさないと、奥まできっちりと埋め込んでいく。 「あうっ……だめ……ああ、おねがいっ……もう、出さないでっ」 「出さないと、終わらないですよ。いつまでも、松前先生のそばでおま×...
天海佑人

ぐいぐいとバックから突きつつ、ぴしゃぴしゃと奥さんの双臀を松前先生が眠っているそばで張っていく

松前先生がそばにいることが、孝典だけでなく、奥さんにも異常な昂ぶりをもたらしていることをおま× こで知る。 パイズリを受けているペニスがとろけそうだ。このまま出してしまいそうになる。でも、もう宙に出すのは嫌だ。松前先生の奥さんのおま× こに...
天海佑人

背中のラインは華奢だったが、くびれたウエストから急にむちっと尻が盛り上がってくるのだ

バック突きは眺めもいい。奥さんの後ろ姿がまた官能美にあふれている。背中のラインは華奢だったが、くびれたウエストから急にむちっと尻が盛り上がってくるのだ。その人妻らしい熟れたカーブがそそる。 それに突くたびに、尻たぼにえくぼが浮き、そして消え...