た・体位(対面立位)

北都凛

もう我慢できなかった。男の唾液を啜りながら乳房を押しつけて、激しく腰を揺すりたてる。

「ああっ、ち……チ×ポ……チ×ポよ!」 綾乃は涙を流しながら言い放つと、自ら神谷の口を求めて舌を絡ませていく。 もう我慢できなかった。男の唾液を啜りながら乳房を押しつけて、激しく腰を揺すりたてる。どんな恐ろしい未来が待ち受けていようと構わな...
北都凛

股間をぱっくり開かれた恥ずかしい格好で、ぐっしょり濡れそぼった蜜壺に極太の男根を埋めこまれていた

「あっ……うぐぐぐっ」 淫らな嬌声をあげそうになり、朦朧としながらも下唇を噛みしめる。 綾乃は子供服売り場の試着室で、立った姿勢のまま神谷に貫かれていた。正面から抱きすくめられて、片脚を肩に担がれている。 「うあっ……くううっ、そんな……お...
鳴瀬夏巳

対面座位から生じる牝肉の収縮は、奥寺を大いに堪能させた。女体をバウンドさせるたび、ギュッと精を搾りとられていくかのようだ。

奥寺は女体をがっちりと抱きすくめた。次いで徐々に身を起こし、対面座位を作る。恵里子の自重により、肉刀の切っ先がズブズブと肉奥を突き破った。 抱きすくめた女体をユッサユッサと上下に揺すり、奥寺はスラストを開始する。恵里子は天を仰ぎ、その美麗な...
鳴瀬夏巳

逞しい肉刀がズブズブッと子宮めがけて突きあげる

奥寺が珠実の胴を上から両腕に抱えこんだ。このまま肉奥まで突き進むつもりか、と思いきや、繋がったまま珠実の身体をむっくりと抱き起こしていく。 「あ……ああっ……あああっ!……」 「ほうら、こうしてやる」 珠実の身体が垂直に起きあがった。素早く...
北條拓人

彼女の右足を自らの左腕に引っ掛けるようにして持ち上げ、そのまま壁に掌を突く

彼女の右足を自らの左腕に引っ掛けるようにして持ち上げ、そのまま壁に掌を突く。いよいよ深佳と一つになれるのだと思っただけで、いきり勃つ肉塊から、ぴゅぴゅっと濃い先走り汁が噴き出した。
巽飛呂彦

広海は彩菜の片脚を抱えながら、何度も何度も突き上げていく

広海は彩菜の片脚を抱えながら、何度も何度も突き上げていく。 「ぁっ!ぁん!ひっ、ん……!」 悲鳴を上げながら、彩菜が広海の首にしがみつく。突き上げられ、膣から持ち上がった身体は、残った脚が爪先立ちになってしまう。
巽飛呂彦

割り広げられた股間に、ヌチュ……あてがうだけで、鑓のように天を向いた肉棒は、彩菜の肉裂を押し広げ、埋まり込んでいく

また抱きついてくる彩菜を、広海は別の、もっと太い立木に背を当てて、寄りかからせた。 そうしておいて、もう一度彩菜の片脚を抱え上げる。割り広げられた股間に、ヌチュ……あてがうだけで、鑓のように天を向いた肉棒は、彩菜の肉裂を押し広げ、埋まり込ん...