PR

もう一度、孝典は鎌首を裕美の割れ目に押しつけていった。今度はめりこんだ。

天海佑人

「だめです。入れたら、解いてあげます」
もう一度、孝典は鎌首を裕美の割れ目に押しつけていった。今度はめりこんだ。そのまま突き出す。
すると、ずぼりと鎌首が裕美の中に入った。
「だめっ」
と裕美が激しく腰をよじらせるが、もう遅かった。孝典はそのまま腰を突き出していく。すると、ずぼずぼと串刺しのようにペニスが裕美の中に入っていく。
今度は松前先生の奥さんの燃えるような粘膜を、指ではなく、ペニスで感じていた。
「ああ、すごいです、奥さん……ああ、すごくエッチです……熱いです……締めてきます、ああ、そんなに締めないでください、奥さん」
孝典は奥までペニスを入れていた。初体験が立ちファックとなった。入れているだけで、充分だった。動かすとすぐに出しそうで怖い。一秒でも長く、裕美のおま× こに包まれていたかった。
こんな幸運な機会、もう二度とないかもしれないのだ。

出典:~先生の奥さん狩り夫の教え子に調教されつづけて (フランス書院文庫)

著者: 天海佑人

「もう許してっ……こんな関係が誰かに知られたら……」哀願の声を無視して続く、孝典の若さに任せた律動。昼間、出勤した夫と入れ替わりにやってくる青狼。エプロン姿で、淫らな下着姿で受ける恥辱の肉交。妻盗の魔味を覚えた少年は次なる生贄に狙いをさだめ……32歳、27歳、38歳……先生の奥さんを堕とす蟻地獄!