パンティ(差し込む)

大泉りか

たぷんたぷんと柔らかくたわむ凪子の熟乳

たぷんたぷんと柔らかくたわむ凪子の熟乳に顔を甘えるように埋め、宣英によって初めて男の味を覚えた美波の股間にパンティーから指を忍び込ませた。
大泉りか

ショートパンツと太ももの隙間から指先を滑り込ませる

美波のヒップに手を回すと、円を描くように撫でた。びくんと揺れる尻たぶの間に指先を伸ばすと、ショートパンツと太ももの隙間から指先を滑り込ませる。
大泉りか

パンティーのクロッチから指を忍び込ませる

パンティーのクロッチから指を忍び込ませると、ねっちょりと潤んだ肉襞が指先を包み込んだ。指先を跳ねるように動かして、くちゅくちゅと音を鳴らすと凪子が羞恥で身体を震わせる。
大泉りか

ビキニパンツの中に差し込んだ指先を動かした

ちえりは敏感な美波の身体を弄ぶように、ビキニパンツの中に差し込んだ指先を動かした。寄せては返す波の音に混じり、くちゅくちゅと水音が辺りに響く。美波は健気にも、快感に掻き乱されながらも、じゅぶじゅぶと音を立て、必死にペニスを咥えた唇を上下させ...
大泉りか

ビキニパンツの中へと指先を忍び込ませた

ちえりは、右手をゆっくりと美波の下腹部へと下げていくと、ビキニパンツの中へと指先を忍び込ませた。
大泉りか

我慢できないとばかりにクロッチの隙間から指を滑り込ませた

凪子は細い頤を反らせ震わせると、もう我慢できないとばかりにクロッチの隙間から指を滑り込ませた。くちゅり、という水音と声にならない吐息がひそやかに響く。
タイトルとURLをコピーしました