ビキニパンツの中へと指先を忍び込ませた

ちえりは、右手をゆっくりと美波の下腹部へと下げていくと、ビキニパンツの中へと指先を忍び込ませた。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!

関連する言葉

今にもこぼれ落ちそうな乳房も、きつめの紐に縛られて盛り上がる下腹も、堪らなくスケベだぞ... 好色な視線から逃れるように目を閉じ俯いていると、改めて乳と股を手で覆い隠していた真弓の耳朶を、熱い吐息が舐った。 「少し水着が小さ過ぎたかもしれんな。今にもこぼれ落ちそうな乳房も、きつめの紐に縛られて盛り上がる下腹も、堪らなくスケベだぞ。それに、ここ……」...
競泳水着の素材は思いのほか薄く、目を近づけてみればありありとデルタ地帯が模様のように浮かびあがってく... 競泳水着の素材は思いのほか薄く、目を近づけてみればありありとデルタ地帯が模様のように浮かびあがってくる。逆三角形を描いた生え際から、縮れ毛の一本一本までも、水着の表面に滲んでいるではないか。 股座にはもしや女陰も透けているのではあるまいかと、慎也はズキズキと男根を疼かせながら太腿の隙間を覗きこんだ...
白水着越しにも位置が丸わかりなほど乳首を勃起させたナミが、極薄の股布に手を突っ込まれ... 白水着越しにも位置が丸わかりなほど乳首を勃起させたナミが、極薄の股布に手を突っ込まれ、陰毛どころか股肉全体を嬲られて恍惚の表情を浮かべていた。 「ココ、か?」 「くふぅっぅぅんっ、そ、ぉ、そこぉぉっキュンキュン来るのっ……好きぃ」 早くも湿り気たっぷりの白布越しに透け覗くクリトリスを指腹で捏ね...
平たくつぶれた乳房に、今にも水着からはみだしそうな乳肉にふと眉を曇らせる... 平たくつぶれた乳房に、今にも水着からはみだしそうな乳肉にふと眉を曇らせる。もともとタイトなデザインの競泳水着であることも一因か、サイズ的にはさほど問題ないのだが、乳房はやたらと窮屈に見えた。なにせ九十センチを優に超えるボリュームである。二十代の頃とは較べようもないが、バストアップに努めた甲斐あって、...
彩海の両脚が尚樹の顔をまたぎ、マットに膝をついた... 彩海がすばやくマットの上に乗った。空気でふくらませたビニールが沈んでは跳ねて、寝ころんだ尚樹が揺れる。彩海の両脚が尚樹の顔をまたぎ、マットに膝をついた。 「うわあ」 尚樹は感嘆の声をあげた。顔のすぐ上に、彩海の股間がある。開いた太腿の中心に、濡れた白い逆三角形が食い入っている姿が、尚樹に迫ってく...
ぼんっ!と大きなバストが大きくバウンドしながらまろびでて跳ねる... 豊満な膨らみを包んでいる三角形の布の内端に、人差し指を伸ばすとぐっと左右へと押し広げた。ぼんっ!と大きなバストが大きくバウンドしながらまろびでて跳ねる。 (うわぁ……脱がせると、これまたすごい迫力だ) ビキニの下紐に支えられ、まるでロケットのように前につんと突き出したおっぱいは、スイカほどのサイ...
黒いビキニで包まれた乳房が手のひらにむにゅっと触れる... ちえりは宣英の手をとると、自分のバストへと運んだ。黒いビキニで包まれた乳房が手のひらにむにゅっと触れる。その中心部は少女の興奮をあらわにしてぽっちりと勃ち上がってしまっていた。...
むっちりと張り出した大きめのヒップと鋭角にくびれたウエスト... ビキニからおっぱいをはみ出させたふたりの少女、その光景は見事のひとことにつきた。しなやかなでスレンダーな身体には不釣合いなほどに育った、ふにふにバストの美波。少し焼けた肌は健康的でつやつやと輝き、普段はビキニで隠されているバスト部分は、まるでミルクを流し込んだように真っ白で、その先端には可憐な桜色の...
鼠蹊部をゴムで締めつけられているためか、女肉がこんもりと、まるでエクレアのような形で盛りあがっている... しかし、慎也の目を奪ったのは美臀の光景ばかりではない。身体がくの字に折り曲げられた寝姿に、ハート型に描かれた尻たぶの隙間には女性器が包まれている箇所が、下着で言い換えればクロッチにあたる部分が露わになっているのだから。 鼠蹊部をゴムで締めつけられているためか、女肉がこんもりと、まるでエクレアのよう...
咲枝は朱色の上下のハイレグビキニを身に着けただけで、健太の前に現れ、悩ましく微笑む... 「どうかしら……。おばさんには派手かしら……」 「お、おばさんだなんて……。咲枝さん、とても、素敵です」 驚くのも無理はない。咲枝は朱色の上下のハイレグビキニを身に着けただけで、健太の前に現れ、悩ましく微笑む。 「そう……。よかったわ、健太ちゃんが気に入ってくれて……」 夏でも島の夜は急に訪...