彩海も尚樹の意図に気づいて、飼いならされた子犬のようにバストの側面を少年の胸にこすりつけてくる

左手を彩海の腰にまわして引き寄せ、身体を密着させる。彩海も尚樹の意図に気づいて、飼いならされた子犬のようにバストの側面を少年の胸にこすりつけてくる。
男たちの目に、羨望の色が濃くなった。敗北感をにじませる者もいる。