まぁ、なんてかわいいクリトリスなのぉ!

そして次に当然狙われたのは、肉芽だった。
陰核包皮をクルンと剥き上げられ、小豆大の肉芽がピコッ、と実を曝す。
「まぁ、なんてかわいいクリトリスなのぉ!ピンクで、ツヤツヤしていて、とってもきれい!」
貴和子に見つめられて、彩菜の肉芽が恥ずかしそうに身じろぎした。
すぐに指の嬲りが襲う。貴和子の指が、膣前庭からたっぷりと蜜をすくうと、肉芽に塗りつけていく。
「ひゃん!ん!ママ、さわっちゃダメぇ!クリトリス、感じ過ぎて……!」
実の母娘は肉芽の感じ方も似ているのか。貴和子の指は蜜の滑りを借りて、膣前庭側から、スルン、スルンとなぞりあげる。
それだけで肉芽がコリコリに勃起して、ピンクの実を張り詰めさせた。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。