クリトリス(弄る)

庵乃音人

ザラザラした陰毛の茂みを通過し、その下で淫らに疼くクリトリスを指先で弾いた

「嘘……嘘でしょ、やだ、あたし……ああぁ……」 ついふとももを擦りあわせ、股間を締めつけるようなはしたない真似をしてしまう。思いがけず、強烈な快感電流が爆ぜた。ノーブラだった。Tシャツの布に乳首が擦れ、「あっ」とうろたえた声をあげる。勃起...
庵乃音人

激しく肉莢を擦ると、勃起した肉豆がズルリと莢から剥け、ピンク色の芽を晒した

想像のなかの貴史は「夏海……」と興奮した声で呼びつつ、股の間に身体を割り込ませた。夏海は雄々しく勃起したペニスの先端が肉ビラを掻き分け、膣穴のとば口に亀頭を密着させる様を思い描く。 「あぁ、だめ……初めてなの。あたし、経験ないの。お姉ちゃ...
御堂乱

あの奇妙な感覚──せつないような、もどかしいような不思議な感覚が、また下半身を熱く疼かせはじめた

(助けて、パパ……助けて、ママ……) 胸の内で救いを求めるが、その二人とて、凶悪な男たちのなすがままに辱しめられているのだ。 「そうかい。一本じゃ不足かい。ならもう一本──」 中指に加え、薬指も押し入ってきた。ただ抽送するのではない。...
御堂乱

割れ目の上端をまさぐり、包皮にくるまれた女のつぼみを刺激する

下着を奪われ、開脚を強いられ、女の恥ずかしい構造を剥き身にさらされようとしている十七歳の知美。すすり泣く細い声に三人は身を切られる思いだ。 三人によく見えるよう、竜二は体を横にずらしておいて、知美のふっくらと盛り上がった女の丘に指を添えた...
御堂乱

十七年間、包皮に守られていたクリトリスが露頭したのだ

「本格的に濡れてきたぜ」 粘着力を増してきた柔肉に、竜二が眼を細めて言った。指先で乙女の甘蜜を掻きまわしながら、 「おぼこのくせに、ちょっと豆をいじってやったらもう気分を出してやがる。血は争えねえと言うが、母娘そろって淫乱なんだな」 ...
御堂乱

羞恥のつぼみは包皮に守られ花唇の中に埋もれているらしい

割れ目の上端付近をくすぐるように愛撫した。だが清純な女子高生だけあって、布地の上から固いしこりをまさぐることができなかった。羞恥のつぼみは包皮に守られ花唇の中に埋もれているらしい。
御堂乱

割り裂かれた白い太腿が棒のように突っ張って、ブルブルと震えだした

「フフフ、熟れきったこの身体。亭主ひとりじゃ、とても満足できねえだろう」 昌平はからかい、激しく指を抽送しはじめた。同時に舌の先で巧みに女芯の包皮を剥き、露頭した肉の芽を吸った。 「ああっ、ダメっ!」 志津子の身悶えがひときわ露わにな...
鳴瀬夏巳

ヌメヌメッとした唇に挟みつけた恥蕾を、舌先で小狡く小突きまわす

哀訴が逆に災いしたか、強烈に吸着されてしまう。村松は何度も息を入れては、強くしつこく吸いまわした。のみならず、ヌメヌメッとした唇に挟みつけた恥蕾を、舌先で小狡く小突きまわす。一度捕らえたら相手が屈服を告げるまで放すまいとばかりに徹底的にねぶ...
鳴瀬夏巳

まるで理香は追いたてられるように肛門をキュキュキュッと引き絞り、肉刀を噛みしばった。

突如理香はエビ形の肢体を痙攣させた。尻を奪われながら、恥蕾を魔指でいたぶられたのだ。切なすぎる性悦が走っていく。 一度ですます奥寺ではない。理香の身悶えにひとしきり声を立てて笑い、それから恥蕾をねちっこくグリグリと捏ねくりかえす。 まる...
鳴瀬夏巳

肛穴が痙攣したかのように刀身をものすごい力ではさみつけた

「くそっ。きつい尻穴だ。生意気な……」 一度では埋没しきらなかった切っ先を、再度体重をかけて押し入れる。肛穴がグワッとひろげられた。ここぞと三度目の圧を加えた。ようやく切っ先が収まる。あとは押し入るだけだった。 「んがあああっ!」 恵...
タイトルとURLをコピーしました