クリトリス(弄る)

但馬庸太

ひぁっ、ダメ、大丈夫ですから、私は、んんっ、そこは洗わなくても、くひぃ

「汗をたくさんかいているようだからな。俺も洗ってやろう」 「ひぁっ、ダメ、大丈夫ですから、私は、んんっ、そこは洗わなくても、くひぃ」 石鹸でぬめる指が肉芽を摘んだ。味わったことのない感覚に腰が震え、四肢が戦慄いた。続いて中指が女壺の中に潜り...
但馬庸太

よしてください。こんな格好恥ずかしいです

裕恵は立たされ、後ろを向かされる。斉藤に背中を向ける形だ。 そして腰を掴まれて、グッと後ろに引っ張られる。 「きゃあっ!」 お湯で滑る床板で踏み止まることはできず、引かれるまま斉藤の太ももの上へ座る格好になった。 「よしてください。こんな格...
早瀬真人

右人差し指でクリットをツンと突くと、恵美が小さな喘ぎをあげる

(あぁ、触ってみたい。舐めたいよぉ) 苦渋の顔つきをする慎吾の心境を察したのか、亜紀が誘いの言葉をかけてくる。 「ふふ。慎吾君の好きなようにしたら」 言い終わるか終わらないうちに、慎吾は鼻息を荒らげながら指先を恵美の花弁へと伸ばしていた。 ...
早瀬真人

亜紀が左手の親指を伸ばし、陰核の上側の皮膚をキュッと押し上げると、包皮が剥き上がり、半透明の肉芽がちょこんとその顔を覗かせた

淫裂の上方に位置するのが陰核だろうか、尖った卵形の物体を隠すように肉の鞘で覆われている。 「そう。そこにクリトリスがあるのよ。さっき、私のを触ったからわかるでしょ?」 亜紀の言葉に、慎吾はコクリと頷いた。 薄い肉の壁が砲弾状に盛り上がり、小...
早瀬真人

上下左右から弾くように押しつぶすと、亜紀は厚みのある腰をブルッと震わせ、ソプラノの嬌声をあげた

「おマ○コ、見たい?」 「み、見たいです!」 小鼻を広げながら答えると、亜紀は切なげな表情のまま首を左右に振る。 「だめ、まだだめよ。見たらすぐに入れたくなるだろうし、それだけ早くことが終わっちゃうでしょ?その前に、指でしっかりと感じさせて...
天海佑人

愛菜が目を丸くさせて、クリと尻の穴をいじられて喘ぐ母親の姿を見ている

「ママ……」 愛菜が目を丸くさせて、クリと尻の穴をいじられて喘ぐ母親の姿を見ている。 「尻の穴が、くいくい締まりますよ、奥さん」 「そうなの……ママ、そうなの……」 「うそよ……あ、ああっ……うそよっ……」 孝典はクリトリスから指を離した。...
天海佑人

愛菜の声が聞こえた瞬間、その母親の尻の穴は万力のように締まっていた

益岡先生の妻はつらそうな表情を浮かべつつも、孝典にスクール水着姿で料理を続ける動画を撮らせた。 今夜は肉じゃがのようだった。 「煮込んでいる間、尻の穴の調教をしましょう」 尻たぼに貼りつくスクール水着を脇にやり、尻の狭間に指を入れていく。 ...
天海佑人

そう言いながら、孝典はクリトリスを摘み、いじりはじめた

「ああっ、だめ……ああ、いじらないで……主人が……ああ、祐太郎さんが……はあっ、起きてしまうわ……」 「そんな声を出すからいけないんですよ、奥さん。エッチな声を出さなければ、松前先生は起きませんよ」 そう言いながら、孝典はクリトリスを摘み、...
天海佑人

そう言って、孝典は背後から手を伸ばし、奥さんのクリトリスを摘んだ

「大丈夫ですよ」 そう言って、孝典は背後から手を伸ばし、奥さんのクリトリスを摘んだ。 「あっ……」 こりこりところがす。 「ああっ、だめっ……クリ、だめ……」 裕美が思わず甲高い声をあげたが、松前先生は眠ったままだ。 「ほら、大丈夫でしょう...
天海佑人

すると、はあっんっ、と裕美が乳首の時以上の反応を見せた

「ああ、見ないで……ああ、恥ずかしいの……すごく恥ずかしいの……わかるでしょう、孝典くん」 裕美は清楚な美貌を真っ赤にさせて、そう訴えてくる。鎖骨辺りまで、羞恥色に染まっている。そんな恥じらう裕美の姿に、孝典はますます昂ぶる。 クリトリスに...
天海佑人

そう言って、浩二がクリトリスを摘むと、こりこりところがしはじめた

「ここがクリちゃんかな」 と言って、浩二が割れ目の頂点を突いた。 「だめっ」 さっきより、さらに大声をあげて、裕美が拒む。その声が、上擦っていることに、孝典は気付いた。それにはもちろん、浩二たちも気付いたようで、 「ここが急所なんだろう。松...
結城彩雨

夏子は泣き声をあげて、吊りあげられた両脚をうねらせ、冷二の指から逃げようとする

冷二が手をのばして夏子の開ききった股間をいじりはじめた。女芯の表皮を剥いて肉芽を指先でもてあそぶ。 「ああッ、いや……やめてッ、あ、あッ……」 夏子は泣き声をあげて、吊りあげられた両脚をうねらせ、冷二の指から逃げようとする。 「おとなしくし...
結城彩雨

五郎の指先が女芯の表皮を剥いて、肉芽を根元から剥きあげたのだ

五郎は覗きこみながら、乳首の糸を左右交互に引いていたぶりはじめた。乳首の責めに女の最奥がどう反応するかの確認である。 「か、かんにんして……こんなのいやです……いっそひと思いに……」 「して欲しいってわけか。好きだな、奥さん。入れて欲しいな...
結城彩雨

「……か、浣腸してくれるから……気持ちいい……夏子、いいッ……」

「その調子だ。オマ×コだけでなく尻の穴も責められると、ズンといいだろうが」 五郎は短く区切って注入していく薬液の量をしだいに多くしはじめた。おもしろいようにドンドン入っていく。 五十CCほども一気に注入してやると、それだけで、ひいッ、と今に...
結城彩雨

張型でいびられる女芯は、血を噴かんばかりに充血してとがり、肉襞も匂うように色づいてジクジクと蜜を滲ませだした

「かんにんしねえよ。ほれ、浣腸もされてえのか。冷二に甘えてみな」 「あ、ああ……いや……」 夏子は黒髪を振りたてて泣いた。 だが、あまりに異常ないたぶりが、夏子の感覚をも異常にするのだろうか。夏子の泣き声がすすり泣くようなあえぎに変わり、腰...
結城彩雨

冷二は指で夏子の媚肉の合わせ目を押し開いて、秘められたピンクの肉襞に、くねり振動するものを這わせた

「へへへ、希望はオマ×コか。よしよし、こってり可愛がってやるからな、奥さん」 「ああ、いやッ……そ、そんなもの、使わないで……」 「ふざけるんじゃねえ。オマ×コをいじめてと言ったばかりだろう」 冷二は指で夏子の媚肉の合わせ目を押し開いて、秘...
葉川慎司

瑞穂は強引に触れるのではなく、下腹部から秘毛の生えた恥丘のあたりを撫でるように指先を往復させていた

祐司は瑞穂の指につーと舌を這わせ、ふたたび義母の乳頭を責めはじめた。 瑞穂の手が、乳房から脇腹、そして閉ざされた太腿の根元へ滑り降りてくる。自分の愛撫とは違う、しなやかな攻め方。見ているだけでどきどきした。 「んうぅ、そんな……」 指が義母...
葉川慎司

「ンっ。あっ、いや。恥ずかしい」沙恵子は祐司の背中に両手を回し、ぎゅっとしがみついてくる。

「ンっ。あっ、いや。恥ずかしい」 沙恵子は祐司の背中に両手を回し、ぎゅっとしがみついてくる。普段理知的な義母が、性に奥手な少女のように恥じらっている。そのギャップが、祐司を昂ぶらせた。 「あそこが、びちょびちょになってる」 「あぁン、言わな...
葉川慎司

沙恵子のヒップは、瑞穂よりもちもちとした弾力があり、軽く揉んでみると反発力で押し返してきた

「お願いだよ。おかあさんのあそこ、触ってみたいんだ」 手のひらを脇腹からヒップに滑らせる。やわらかく瑞々しい尻肉の触れ心地に、恍惚となる。沙恵子のヒップは、瑞穂よりもちもちとした弾力があり、軽く揉んでみると反発力で押し返してきた。 「んっ。...
北都凛

悔しそうに下唇を噛みしめて、右手の指先で肉唇を上下に擦りたてる

「ンン……うンン……」 悔しそうに下唇を噛みしめて、右手の指先で肉唇を上下に擦りたてる。しかし羞恥が邪魔をしているのだろう、いっこうに濡れてくる気配がない。 「緊張することはないですよ。どうせ僕と二人きりなんですから」 「許して……ンンっ、...