クリトリス(描写)

早瀬真人

亜紀が左手の親指を伸ばし、陰核の上側の皮膚をキュッと押し上げると、包皮が剥き上がり、半透明の肉芽がちょこんとその顔を覗かせた

淫裂の上方に位置するのが陰核だろうか、尖った卵形の物体を隠すように肉の鞘で覆われている。 「そう。そこにクリトリスがあるのよ。さっき、私のを触ったからわかるでしょ?」 亜紀の言葉に、慎吾はコクリと頷いた。 薄い肉の壁が砲弾状に盛り上がり、小...
早瀬真人

上下左右から弾くように押しつぶすと、亜紀は厚みのある腰をブルッと震わせ、ソプラノの嬌声をあげた

「おマ○コ、見たい?」 「み、見たいです!」 小鼻を広げながら答えると、亜紀は切なげな表情のまま首を左右に振る。 「だめ、まだだめよ。見たらすぐに入れたくなるだろうし、それだけ早くことが終わっちゃうでしょ?その前に、指でしっかりと感じさせて...
鮎川晃

肉感的な身体のラインは言うに及ばず、艶やかで深みのある肌の輝き、歓びに硬くなる乳首の素直さ、大胆なまでに蠢く女淫は、お世辞抜きに素晴らしかった

年齢には抗えないから、早苗のおっぱいは確かに少し緩んでいる。スタイルもまだまだ素晴らしいが、二十代の細さやしなやかさはさすがにない。 でもその分、女としては成熟している。肉感的な身体のラインは言うに及ばず、艶やかで深みのある肌の輝き、歓びに...
鮎川晃

恥ずかしげに顔を覗かせている淫核はもちろん、尻たぶの奥で恥ずかしそうにしているアナルも素敵で、興奮のあまり、ついつい呼吸が荒くなる

「あん、強引なんだから……くす。どうやらその調子だと、私のためだけじゃなさそうみたいね……あぁ、濡れすぎてお股がすうすうする……」 それでも、されるがままに脚を開いてくれるのは、年上の優しさが半分、そして愛戯への期待が半分か、勇作の勃起を見...
空蝉

割れ目上端のクリトリスが隆起して、被っていた包皮から、慎ましやかに頭を覗かせていた

「……エッチの時って、こんなに濡れちゃうものなんだ」 「結っ。そんな間近でっ、み、見ないで。ひぁんっ、息吹きかけるのも駄目ぇっ」 実の妹の熱視線と吐息を浴び、一層の蜜が結合部に染む。割れ目上端のクリトリスが隆起して、被っていた包皮から、慎ま...
結城彩雨

張型でいびられる女芯は、血を噴かんばかりに充血してとがり、肉襞も匂うように色づいてジクジクと蜜を滲ませだした

「かんにんしねえよ。ほれ、浣腸もされてえのか。冷二に甘えてみな」 「あ、ああ……いや……」 夏子は黒髪を振りたてて泣いた。 だが、あまりに異常ないたぶりが、夏子の感覚をも異常にするのだろうか。夏子の泣き声がすすり泣くようなあえぎに変わり、腰...
結城彩雨

冷二は指で夏子の媚肉の合わせ目を押し開いて、秘められたピンクの肉襞に、くねり振動するものを這わせた

「へへへ、希望はオマ×コか。よしよし、こってり可愛がってやるからな、奥さん」 「ああ、いやッ……そ、そんなもの、使わないで……」 「ふざけるんじゃねえ。オマ×コをいじめてと言ったばかりだろう」 冷二は指で夏子の媚肉の合わせ目を押し開いて、秘...
庵乃音人

浴槽に移動しようと左右の足を割った瞬間、ちらりと見えた股間のワレメは、温泉の湯とは別の液体で早くもぬるぬるとぬめっていた

「わたし、このお風呂に入るの久しぶりなの」 嬉しそうにはしゃいで、祈里が湯船に入ってくる。 浴槽に移動しようと左右の足を割った瞬間、ちらりと見えた股間のワレメは、温泉の湯とは別の液体で早くもぬるぬるとぬめっていた。その秘唇は、今日も豪快に生...
御堂乱

熟れきった白桃のような美ヒップ。その弾力に満ちた双丘の中心を、男の剛棒が垂直に貫いていた。

歓喜を極めたはずの母の女体を、竜二が向かい合わせに抱きあげて仁王立ちになっていた。太腿をすくい上げて抱っこされた母は、テレビカメラに白い背中を向け、両腕をすがるように男の首に巻きつけている。熟れきった白桃のような美ヒップ。その弾力に満ちた双...
庵乃音人

上下の歯で繊細な肉豆を甘噛みすると、手で押さえた祈里の口から「ひいいぃ。だめ。ひいいぃ」と我を忘れたような嬌声が漏れる

「あうっ、貴史くん……あぁ、やだ、いやん……ふはあぁ……」 尿口を舌で拭い浄めた貴史は、肉莢から飛び出したクリトリスを唇で締めつけ、ヂュヂュッと音を立てて思いきり吸引した。 「あはあぁ!や、やん、だめ……啜らないで……きゃあああぁ──」 剥...
庵乃音人

少しずつ女体の扱いに慣れ始めていた貴史は肉莢を指で摘み、枝豆を飛び出させる要領で、なかからムニュッと肉真珠を絞り出す

「あはあぁ、あっあっ、やだ、そこ……そこは……ふはあぁ……」 クリトリスは、薄桃色の肉莢に包まれていた。 少しずつ女体の扱いに慣れ始めていた貴史は肉莢を指で摘み、枝豆を飛び出させる要領で、なかからムニュッと肉真珠を絞り出す。 「あはあぁぁ…...
御堂乱

充血して大きくふくらんだクリトリスを揉みしごかれると、たちまち息を乱し、甘い声をあげて腰をうねり舞わせはじめた

「見ないで!知美を見ないで、ママ!ああッ、いやあッ!!」 クリトリスの包皮を剥かれて、知美は悲鳴を高ぶらせた。 「いやあああッ!!」 「知美……あッ、そんな……ああん、駄目ッ!!」 竜二の指がクリトリスをつまみあげてくると、志津子もたまらず...
葉川慎司

ゾクゾクと背筋が粟立ち、股間の肉竿が燃えあがったように熱くなる。瑞穂は右手で逆手に持つようにして、肉棒を擦りあげてくれた。

「ここ、感じる?」 淫裂の上部には、クリトリスというとりわけ敏感な器官があるはずだ。祐司はどこがクリトリスなのかはっきりしないまま、ぬめった女肉の盛りあがった部分をやんわり撫でまわした。 「感じますよ。祐司さん、知ってるんでしょう。クリトリ...
庵乃音人

重力に負けてダラリと垂れた乳房を互い違いに揺らし、ショートカットの髪を気が違ったように振り立て、夏海が色っぽい声で喚いた

「ああん、感じちゃう……貴史、どうしよう……あたし、いっぱい感じちゃう……」 重力に負けてダラリと垂れた乳房を互い違いに揺らし、ショートカットの髪を気が違ったように振り立て、夏海が色っぽい声で喚いた。思いは貴史も同じだ。嗜虐的な責めで嬲った...
庵乃音人

志摩子は「ああぁ、いやあぁん」と艶めかしい声を上げ、それまで以上に身体をくねらせて身悶えた。貴史はそんな志摩子の動きを尻肉を掴んで強引に封じ、さらにレロレロと牝肉の園を舐める。

(ううっ……これが……女の人の……) ネット時代の青年である。興味にかられてアクセスした海外のポルノサイトなどで、無修正の女陰を見たことがないといえば嘘になった。 だが生で目にする女性器のインパクトは、映像で見るそれらとは桁違いの猥褻さだ。...
御堂乱

後ろ手縛りの大股開きでは防ぎようがない。総毛立ち、泣き叫びながら身をよじっても、男のいやらしいクンニリングスから逃れるすべはなかった

「ブチ込みやすくしてやるだけだ。こうやってな」 顔を寄せ、肉溝をベロリと舐めあげた。 「ヒイイイーッ!!」 知美が絶叫を噴きあげた。 今度は何をされたのか嫌でも分かった。母がされたように、女の大切な部分を舐められたのだ。 「いやッ、いやッ、...
小鳥遊葵

愉悦に腰が撓り、分厚い尻肉が震えていた。割れ目の上の肉土手が痙攣していた

顔を近づけて舌を伸ばした。気配を感じたのか、咲枝が腰を突き出し、割れ目が舌を迎えに来る。健太は舟状の下部を一舐めしていた。 「はぁひぃーーーっ、ああ、いい」 咲枝は過敏だった。愉悦に腰が撓り、分厚い尻肉が震えていた。割れ目の上の肉土手が痙攣...
鳴瀬夏巳

ヌメヌメッとした唇に挟みつけた恥蕾を、舌先で小狡く小突きまわす

哀訴が逆に災いしたか、強烈に吸着されてしまう。村松は何度も息を入れては、強くしつこく吸いまわした。のみならず、ヌメヌメッとした唇に挟みつけた恥蕾を、舌先で小狡く小突きまわす。一度捕らえたら相手が屈服を告げるまで放すまいとばかりに徹底的にねぶ...
北條拓人

指先に弄ばれるうち、肉芽を包む薄皮がめくれだし、敏感な芯が顔を覗かせた

朱に染めた頬を強張らせ、声を震わせて深佳は奔放な喘ぎを漏らした。 「はっつぅ、あっ、あはあぁあああああああああああああああっ」 指先に弄ばれるうち、肉芽を包む薄皮がめくれだし、敏感な芯が顔を覗かせた。俊輔は、そのわずかな変化も見逃してくれず...
北條拓人

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」 柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。 戻る瞬間に、峻烈な電流が...