突如、奥寺が恵里子の中指を取り、恥蕾をクリクリと弄びはじめた

「ほらほら。休むな。もっと本性を見せろよ。ほら、こうして」
突如、奥寺が恵里子の中指を取り、恥蕾をクリクリと弄びはじめた。
「ひいっ。ひいいいっ!」
あられもない嬌声がブースで共鳴する。切なすぎる性悦に恵里子は身悶えた。開ききった股間がわななき、仰向けの上体がガクガクと震える。
奥寺は、武骨な指を恥裂に食いこませてきた。あっという間に膣洞に進ませ、ゆるゆると蠕動させる。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!