性感神経がぎゅっと詰まった快粒を、人差し指と中指とで挟んで左右にふるふると振る

ぽっちりと勃起した肉芽に人差し指を伸ばし、下から掬い上げるように刺激すると、凪子が細腰を小刻みに揺らした。性感神経がぎゅっと詰まった快粒を、人差し指と中指とで挟んで左右にふるふると振ると、裂け目の間からにゅるりと透明の液体が溢れ出して、尻間へととろりと垂れ落ちる。淫汁をたっぷりなすりつけては、すっかりコリコリに立ち上がった淫芯を擦ると、凪子はエロティックに腰をくねらせて、切ない声をあげる。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!