泥濘を指先で拭うと手探りで肉豆を探る

決して嘘ではないようで、とろとろと蕩けそうな微温の沼の入り口をそっと掻き回すと、柔らかそうな唇が半開きになって、同じく濡れた舌と小さな八重歯とがちらりと覗いた。さすがに処女らしく、今まで何者の侵入をも許していない膣口はまだ堅い。まずは性感をほぐしてからと、泥濘を指先で拭うと手探りで肉豆を探る。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!