舌を亀頭に纏わりつかせ、十分に発達した雁首を掃除するように何度も滑らせた

留美子は一度、健太を見上げた。健太はまだ目を瞑ったままだった。留美子はその健太の顔を見上げたままに、肉棒に近づけた口を大きく開いていた。
(ああん、入りきらない……。ああ、なんて、素敵なの……)
もう少し大きく口を開けば呑み込めたが、留美子は含みたいのを辛うじて堪えた。
(後で、ゆっくりと味わわせてね……)
口に含むかわりに、長い舌を出した。王冠部に狙いをつける。舌全体で包み込みたかった。舌を亀頭に纏わりつかせ、十分に発達した雁首を掃除するように何度も滑らせた。
「あああっ、留美子さん、す、凄い……。留美子さんが、僕のを舌で……」
目を開けて仰天している健太を見つめ、留美子は肉棒に舌を駆使しながら微笑む。じゅるっと音を立てて舐め、未練そうに肉棒から舌を離した。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。