フェラチオ

御堂乱

絶頂の余韻でまだ頭がぼんやりしているマリアは、言われるがまま紅い唇を開いて太い男根を口に含む

「自分だけ愉しんでどうする?ほら、こいつをしゃぶれ」 別の一人がマリアの長い髪をつかむと、エクスタシーも冷めやらぬ美貌を仰向けの兵士の下腹に押しつけ、怒張を咥えるよう促した。 「あ、あァ……」 絶頂の余韻でまだ頭がぼんやりしているマリアは、...
御堂乱

四つん這いの白い裸体は、頭と双臀をつかんだ兵士らの手、口と花芯を貫く二本の肉棒によって辛うじて支えられていた

(ダメっ、ああっ、また……またイクっ、ああっ、ダメええっ!) えずきながらソフィーは涙を流した。快感の大波が押し寄せ、二度目の絶頂が差し迫っていた。ほっそりした腕も官能的な美脚も、肉悦に痺れきってすでに用をなしていない。四つん這いの白い裸体...
早瀬真人

優香は根元に指を絡ませ、亀頭の先端に軽いキスを見舞うと、舌先でチロチロと突き、やがて裏茎に唇と舌を這わせていった

優香は根元に指を絡ませ、亀頭の先端に軽いキスを見舞うと、舌先でチロチロと突き、やがて裏茎に唇と舌を這わせていった。 「はうっ!」 くすぐったいような感覚が肉筒に走り、思わず呻き声が放たれてしまう。 怒張の量感を確かめるように、優香はしばしソ...
御堂乱

上下の穴を嵐のように突きまくられ、ソフィーは訳が分からなくなっていた

たまらなくなって栗色の髪を鷲づかみにし、荒々しく揺すぶった。 「お、俺もだっ」 双臀をつかんで打ち込みながら、もう一人も叫ぶように言った。 貝類を想わせる肉壺の蠕動が妖しすぎた。粘膜の襞がヌラヌラと絡みついてきて、奥へ奥へと引き込まれていく...
御堂乱

無我夢中のペニス吸引に、頬が凹んだり膨らんだりを繰り返している

(ああんっ、ダメっ、そんなに突いちゃダメえっ) 太い男根を懸命に吸いたてながら、頭がボーッとなってきた。眼は見開いていても視界が桃色にかすんでいく。あれほど辛かったはずのバックからの抜き差しが、時間が経つにつれ得も言われぬ快感に変わっていた...
御堂乱

いきり立つペニスを中ほどまで口に含むと、ソフィーは顔を振って夢中でフェラチオを開始した

「アアッ、ハアアッ……」 秘肉を深々とえぐられながら、ソフィーは舌を使った奉仕を続ける。裏筋の縫い目あたりを舌先でこそぐようにすると、兵士の長大な怒張は生き物のようにピクピクと跳ね、鈴口から熱いカウパーをこぼした。それを舌ですくいとるように...
御堂乱

そうだ、その凹んだところだ。そこを舌先で舐めろ──ううっ、いいぜェ。ヘヘヘ、なかなか上手いじゃないか

(死ぬ……死んじゃう……ああッ、死ぬううッ!) すさまじい下腹の拡張感と圧迫感、こみあげる嘔吐感──四つん這いのソフィーは前後から激しく裸身を揺すられて気を失いかけた。失神寸前で口を犯すペニスを引き抜かれ、 「ゴフッ、ゴフゴフッ!……ハアッ...
御堂乱

むっちりと形のいい尻丘の官能味も、逞しい剛直を口一杯に頬張る表情の色っぽさも、彼らがいつも抱いている百姓や淫売宿の女とはまるでレベルが違った

「まあ待てよ、ヘヘヘ」 「そう焦るなって、ヘヘヘヘ」 二人の兵士は生唾を呑みつつ、息を整えている。そうでもしないと暴発しそうだ。それほどまでに妖美な秘壺、そして口腔粘膜の感触だった。いや感触だけではない。むっちりと形のいい尻丘の官能味も、逞...
御堂乱

鼻を強くつままれるなり、喘ぎに開いた口の中にそそり立つ剛直をねじ込まれる

「俺はこっちをいただくぜッ」 そう叫んだ別の兵士の毛むくじゃらの下腹が、前からソフィーの顔に迫ってきた。 鼻を強くつままれるなり、喘ぎに開いた口の中にそそり立つ剛直をねじ込まれる。 「ムウウウーッ!」 にわかには信じられなかった。後ろから乱...
早瀬真人

亜紀と恵美の豊満な肉体は汗でぬたつき、艶のある煌めきを発していた

「やぁン。クリちゃんが当たって気持ちいい!」 「慎吾君、舌をもっと上下に動かして。そう、あぁン」 発情した二匹の牝猫の喘ぎがシンクロし、熱化した空気とともに淫らな雰囲気に拍車をかけていく。 亜紀と恵美の豊満な肉体は汗でぬたつき、艶のある煌め...
早瀬真人

生温かい口腔粘膜にペニスが包まれた感触、肉幹を唇でしごかれる悦楽に腰がぶるっと震えてしまう

どうやら恵美が、再び口唇愛撫を開始したようだ。 生温かい口腔粘膜にペニスが包まれた感触、肉幹を唇でしごかれる悦楽に腰がぶるっと震えてしまう。 慎吾はその感覚を享受しつつ、眼前の秘芯を舌で舐っていった。 「はぁン。そう、いいわ。いい」 でっぷ...
但馬庸太

カリ首を唇で絞め上げて、鈴口を舌の先端でチロチロと舐った

(お願い早く、早くイって) 頬を凹ませて屹立を吸い上げる。カリ首を唇で絞め上げて、鈴口を舌の先端でチロチロと舐った。昨晩まではほとんど知らなかったテクニックだった。 祐介に指導され、裕恵は最低限ながらも男を悦ばせる術を身につけていた。 「そ...
但馬庸太

裕恵は頷き、自分でも驚くほどの早さで斉藤のペニスにむしゃぶりついていた

「いいだろう。指はやめてやる。その代わり、こっちだ」 「ああ、なにをするんですか。きゃあ!だ、ダメ。そんなのダメです、きゃうぅ」 あっさり願いが聞き届けられたと思った瞬間、裕恵の肢体が宙に浮いた。 正確には斉藤に持ち上げられて回転させられた...
但馬庸太

裕恵はこれ以上辱めを受けたくなくて、必死に口で奉仕した

巨竿の相手をしているときに、両手の支えを失うわけにはいかなかった。裕恵は仕方なく艶臀を振って、斉藤の指を除けようとする。 けれど動くほどに指は深くに潜り込む。淡い刺激に、裕恵は堪らず甘えるような声を漏らした。 ハッとして恥ずかしがる暇もなく...
但馬庸太

しかし剛直を引き抜き、反論しようとした寸前で後頭部を押さえられる

「やるな女将。初めてで四つ目まで辿り着く女はなかなかいないぞ」 喉奥に当たり、呑み込む限界がきて止まる。最初、斉藤に褒められているとは分からなかった。 頭を撫でられる。頬に手を添えられて、軽く上を向かされる。 斉藤が好色の目で裕恵を見ていた...
早瀬真人

しかも亜紀は舌を肉幹に絡ませながら、徐々に大きなストロークでしごきあげてくるのだから堪らない

肉幹と睾丸のダブル攻撃に、慎吾は言葉さえ発することができなくなっていた。 腰がぷるぷると震え、内股に小刻みな痙攣が走る。だらしなく開けられた唇から間断のない溜め息が洩れ、瞼の淵には涙さえ溜まっている。 (あぁ。すごい。すごい気持ちいい。こん...
但馬庸太

ああ、すごい。ゴツゴツして、なにか違うモノを咥えているみたい

「本当のマ×コとどっちが気持ちいいんだ?」 投げかけられても、そんな質問に答えられるわけがなかった。 半ば無視して、裕恵はフェラチオを進める。 (これが、女性を狂わせてるモノ) 桜色の唇が、カリ近くに埋め込まれた真珠に触れた。 本来人の肉体...
早瀬真人

鼻から吐息をつきながら、亜紀はグポッという音とともに一気にペニスを頬張った

鼻から吐息をつきながら、亜紀はグポッという音とともに一気にペニスを頬張った。肉幹を上下の唇で磨きあげるように、ゆったりとした律動を繰り返す。 ヌラヌラと唾液で照り輝いていく肉竿を見つめながら、慎吾は昂奮のあまり、肩で息をしているような状態だ...
但馬庸太

咥えさせて、いただきます

「咥えさせて、いただきます」 媚びるように、上目遣いで言ってから亀頭の先端を唇で挟んだ。 斉藤は心底嬉しそうに、下卑た笑みを零す。斉藤が絶対に喜ぶと、祐介から教わった仕草だった。 (狩野くんといい、この人といい、大きすぎる) 顎を最大限開い...
早瀬真人

恵美はプチュと唾液を溢れさせながら、根元から陰嚢の皺へと舌を這わせていった

フェラチオはプライベートビーチで亜紀から受けているも、二人がかりのサンドイッチフェラは迫力と昂奮度がまるで違う。 慎吾の性感は一足飛びにマックスへと上昇し、下腹部全体が甘美な痺れに包まれた。 「ふふ、ビンビンにしなってる」 「先っぽなんか、...