いい……。咲枝さんの太ももも、凄く、気持ちいい

「うふふっ……あなたのお魔羅はそうは思ってないようよ。ほら、ママのことでも思い出しているのかしら。さっきよりずっと大きくなってる……」
咲枝は密着している太ももで、肉棒を刺激してくる。
(いい……。咲枝さんの太ももも、凄く、気持ちいい)
やはり、熟女は最高だった。同年代の女の子とはむろん体験はないが、こうして至る所を駆使し、絶妙な刺激を与えてくれる三十路の熟女を続けて体験しては、同年代の女の子などに興味を抱こうとも思わない。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。