「ああん、凄い……。健太ちゃん、また、一回り、大きく、硬くなって……」
脳裏に浮かんだ、義母と留美子の淫唇を思い出すことにより、肉棒はさらに隆々と聳え立つ。咲枝は嬉々として、扱く手の動きを速くする。
「あ、だめだよ、咲枝さん……。そんなに激しくされたら、僕、また出ちゃう……」
「うふっ……。そうね。お口の中ならまだしも、手に出したのではもったいないわ。これは全部、あたしのおま×この奥にしぶかせてもらうのだから……」
微笑みが妖艶過ぎた。健太には女にその卑猥極まりない女性器の俗称を口走らせてみたい、という欲求があった。
(とくに、ママに言わせてみたい……)
だが、義母は頑なに口にしようとはしなかった。
(それなのに、咲枝さんは自ら進んで、おま×こ、と言い、その語感に昂ぶっているようだ……)
事実、その下種な四文字言葉を口走るたびに、口元の間近にある肉棒にかかる咲枝の吐息の熱があがる。
「ああ、欲しいわぁ……。健太ちゃんの初物をいただけなかったのは悔しいけれど、でも、ああ、今日はたっぷりご馳走してもらえそうだから、あたし、嬉しい……。さぁ、シャワーかけるわね」
咲枝はたわわな肉乳を揺らしながら立ち上がると、シャワーを取ろうと手をのばす。目の前にロケット砲のような肉乳が迫り出してくる。
「大きい……。咲枝さんのおっぱい……」
健太はたまらず、目の前に迫ったおっぱいに手をのばし、軽く鷲掴んでいた。
「はぁーーーっ、乳首がこすれて、気持ち、いい……」
咲枝は健太の手を進んで受け入れていた。シャワーが降り始め、二人とも適温の湯シャワーにびしょびしょだった。しゃがんでおっぱいをしゃぶろうとする健太の頭を、咲枝が掻き抱く。引き寄せられた。
(咲枝さんのおっぱい、やわらかい……)
健太は乳首を口に含んでいた。咲枝の喘ぎ声がシャワーの湯とともに降ってくる。
「ああ、健太ちゃん、ああ、後で、この大きなおっぱいで、あなたのお魔羅、挟んだまま、しゃぶってあげる……」
咲枝は自ら口にした、卑猥な言葉に昂ぶっているようだった。しゃぶられている乳首が屹立し、背が撓り、尻が震えている。
「咲枝さん、僕、もう、挿し込みたい……」
「ああん、健太ちゃん、いやらしい……。挿し込みたい、だなんて……」
咲枝は乳房を口に含ませながら、手をのばしてシャワーを止めた。
「お風呂場でするのもいいけれど、お布団に行きましょう。そのほうがゆっくり、挿し込めるでしょう……。でもその前に、ちょっとだけ、健太ちゃん、のお魔羅、ここであたしの口に入れさせて……」
咲枝は再び、健太の前にしゃがんだ。見上げてくる咲枝の目が濡れている。昂ぶりに潤んでいる。それは健太も同様だった。
(おっぱいにち×ぽを挟んで、しゃぶってくれるなんて……。咲枝さんが、パイズリしてくれるなんて……)
むろん、初体験になる。知識としてはあった。義母には後々リクエストするつもりだった。
(ママ、咲枝さんとこうなっていることを知ったなら、きっと、哀しむよな……。告白すれば、ママは絶対に同じことをしてくれる……。おっぱいで挟んで、しゃぶってくれる……)
咲枝のロケット砲のような乳房。留美子のは大きなお椀のようだった。
(ママのおっぱい、まるでメロンのよう……)
三者三様ではあったが、いずれも巨乳だった。しかも三人ともまだ少しも垂れていない。
「ねぇ、健太ちゃん、健太ちゃんって、足が長いから、お口が届かないの。だから、浴槽の縁に腰かけてくれるかしら……」
すぐに反応し、咲枝の言う通りにした。浴槽に縁に尻をのせると、立ち上がる肉棒だけが目立ち、少し恥ずかしくなる。咲枝の目が爛々と輝いていた。
「素敵よ。ああ、長くて、太くて、それに硬い……。熟女に理想的なお魔羅……。ああ、あたし、もう、だめ……挿し込まれる前から、ううっ、あたし、達しそう……」
咲枝はいきなり、肉棒の先端を咥え込んできた。ついさっきもそうだった。義母や留美子は咥え込むのに苦労していた。それを咲枝は簡単に喉奥にまで挿し込んだ。表情を見たかったが、庭での行為なので、暗すぎてよく見えなかった。
(いまはよく見える。咲枝さん、あんなに大きく口を開けて、うわぁ、僕のち×ぽに、咲枝さんの口が押し広げられている……)
呑み込みながら、咲枝の顔の美貌が歪んでいた。しかし、咲枝は恍惚とした表情をしていた。少しも恥ずかしそうではない。咲枝は肉棒を咥え込んでいる自分の顔を見て欲しい、と願うように、先端を含んだままに健太の顔を見上げ、うるんだ眼のままに微笑んだ。
咲枝は何か訴えようとしている。隙間なく口に埋まっている肉棒が、咲枝の声を殺している。しかし、意味がすぐにわかった。
(咲枝さん、僕に腰を動かせ、と言っている)
咲枝の手が健太の腰に回り、力を加えて、前後運動を促していた。
(咲枝さん……凄く積極的……)
健太は促されるままに、ゆっくりと尻を前後に振りはじめていた。
咲枝の顔を見る。苦悶の表情なのか、悦びの顔なのか判別できなかった。
(咲枝さん、悦んでいるんだ)
それは健太の腰に回った咲枝の手の動きにより理解できた。遠慮してゆっくりと腰を振る健太の動きを速めようと、咲枝は自らの手の動きで促していた。
咲枝はイラマチオを望んでいるようだった。
「だめだよ、咲枝さん……。こんなことしてたら、僕、また、咲枝さんの口に出しちゃう」
健太の言葉に、咲枝の動きが止まった。未練そうに口から肉棒を解放する。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。

関連する言葉

部屋着のタンクトップの上からぐにゅぐにゅと揉みしだく... 漏れる吐息をひそめている少女のバストに手を伸ばすと、部屋着のタンクトップの上からぐにゅぐにゅと揉みしだく。...
掌の中で、張りつめた乳房がぷるぷるぷるっと踊る... 恐る恐る手を伸ばし、大きな掌で双の膨らみを覆う。 「そんなに緊張しないでください。わたくしにまでドキドキが移ってしまいます。ほら、伝わっているでしょう?」 速い鼓動を右手に感じながら俊輔はぶんぶんと頷いた。 「本当だ。でも、こんなに大きなおっぱいでも鼓動が伝わるから不思議ですね」 千夏も相当...
陰毛を掻き分けて指先で探り、ぽちりと小さな突起を見つけだす... 左手はそのまま胸を揉みしだきながら、もう片方の手を下へと滑らせると、茂みに指先を挿し込んだ。陰毛を掻き分けて指先で探り、ぽちりと小さな突起を見つけだす。人差し指の指腹でくいっと撫で上げると、凪子は宣英にぎゅっと抱きついた。...
目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目を想像するだけで、短パンに擦れて痛... (ああ、僕って意志薄弱だな……。こんなに艶めかしいおばさんたちを見ると、どうしてもち×ぽが反応してしまう) それは留美子によって、女の味を熟知させられた後だけに当然のことではあった。目の前で体を妖しくくねらせて踊る、熟女たちのそれぞれの股間の割れ目を想像するだけで、短パンに擦れて痛いほどに、肉棒は...
肉幹には猛々しく血管が浮き出し、亀頭をパンパンに張り詰めさせていた... 広海の肉棒だった。当然のようにフル勃起している、肉幹には猛々しく血管が浮き出し、亀頭をパンパンに張り詰めさせていた。...
健太ちゃん、今夜、何度、この濃いミルクを、私の股間の口に呑ませるつもりなのかしら... 「ママ、僕もだよ……。出そうだよ。抜くからね。由美、僕が抜いたら、く、口で受け止めて……」 「だめ、そんなのだめ……。いいのよ。ちょうだい……。あなたのミルク、ママの子宮の中に、あああ、全部、ちょうだい……」 抜かれたくはなかった。もっと深くに受け入れたかった。 「いいんだね、由美……。ああ、...
亀頭の膨らみ、エラの張り出し具合、ごつごつとした肉幹のこぶ... 亀頭の膨らみ、エラの張り出し具合、ごつごつとした肉幹のこぶ。その形の一部始終が、強烈な熱で女陰に覚え込まされている感覚なのだ。 「ふうんっ…あううっ……ああああぁっ」 おんなを作り変えられているような衝撃は、そのまま凄まじいまでの喜悦だった。のぼせるほど濃厚な交わりに、深佳の連続絶頂は、さらにそ...
角立つホイップクリームのふわふわ感もさながらに、確実にDカップはあるだろう成熟乳房が、むにゅんと押し... ずっと体を支えてくれている深佳との距離が、より近くなったように感じられた。事実、会話に夢中になっているせいか、やや無防備になった彼女の豊かな胸元が、俊輔の側面にあたっている。 クッションとも異なるやわらかさ。角立つホイップクリームのふわふわ感もさながらに、確実にDカップはあるだろう成熟乳房が、むに...
美人デザイナーの場合は、いわゆる「お椀型」の乳房であり、美少女は正真正銘の「ロケットおっぱい」なのだ... バストの〝内容〟も好対照だ。玲子も加奈子も、どちらも極めて柔らかそうだ。そういう意味では〝優しさ〟を感じさせる乳房なのは間違いない。鷲づかみにしたいというより、頬を密着させて甘えたくなる。ところが、玲子の場合はなだらかなラインで膨らみを生んでいるのに対し、加奈子は急角度で上がっていく。つまり美人デザ...
人差し指で尖った乳首をツンツンと弾く... 佑二が熱っぽく息を吐く。突き込みの勢いを上げながら、手の平をいっぱいに広げて、乳房を揉み立てた。人差し指で尖った乳首をツンツンと弾く。...