お尻同様、太ももにも程よい熟脂肪がのっていた

「深佳さんのお陰だよ。こうして立っていられるのも……。お陰で、ピッチリ張り出したお尻を、ずっとこうしていられる」
指をじりじりと下げ、掌全体で太もものあたりも撫でてみる。お尻同様、太ももにも程よい熟脂肪がのっていた。
俊輔は、ももを覆う邪魔なパンストを力任せに引き裂き、掌を滑り込ませて、肌理細かでまろやかな肌を味わった。指の一本一本が埋まるような柔らかさは、しっとりとしていて、ほのかに熱を孕んでいる。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!