スカートに隠れているが、布地の上からもむっちりと熟れた肉付きが感じられた

竜二の挑発に昌平はムッとして眉をひそめ、押さえつけた人妻の肢体を舐めまわすように見た。
引き締まった足首とスラリと美しい脛。太腿は襞の多い濃紺のスカートに隠れているが、布地の上からもむっちりと熟れた肉付きが感じられた。匂うような志津子の色香である。重度のEDでもないかぎり、この身体が悶えるのを見て興奮しないでいられる男がいるとは思えない。たとえ夫であっても。

出典:~立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

著者: 御堂乱

立てこもり 高島家すべての女が奴隷になった日

「どこまで許せば満足してくれるの? もう出てって」男の肉茎をしごかされながら悲壮な目で訴える志津子。二人組に占拠された高島家のリビングで続く凌辱の狂宴。妻の痴態を力なく見守る夫、婚約前の躰を穢される家政婦。ついには身を挺して守ろうとした愛娘の操までが……極限状態下に置かれた男女がさらけだす愛と性の真実!