射精したばかりだというのに彼の股間で反り立つ肉棒には、陰りが見えない

空蝉

「は、っぁ……ふ、うぅンッ」
愛しい人の目が向いた事で、余熱に炙り立てられた美幸の肢体が、落雷に撃たれたように震えた。咄嗟にしゃがみ跪く姿勢を取ったのは、賢太に衣装と媚態を余さず見て欲しかったから。思惑通りに見惚れる彼の表情が、また堪らなく女芯を揺さぶる。
大口を開け、内に溜まった白濁汁のプールを見せつける。驚きの連続に瞬きすら忘れた賢太の視線が注ぐ喉元を、ゆっくりと鳴らし、堆積する濁汁を飲み下してゆく。
(あ、あぁ、見て、る……賢太さん、一生懸命に見てくれて、る……)
ちびちび嚥下した濁汁も、ついに底をつき。最後に唇を舐め回して残滓も含め、堪能しきってみせた。
空になった口蓋を開いて再び見せつければ、荒い鼻息の賢太の注視がなお注ぐ。射精したばかりだというのに彼の股間で反り立つ肉棒には、陰りが見えない。

出典:~ときめきアパート性活 愛しの管理人さんと魅惑の隣人たち (リアルドリーム文庫)

著者: 空蝉

ひとつ屋根の下 恋色の陽だまり ボロアパートに独り暮らしをする浪人生・賢太は、一癖も二癖もある隣人たちと深い仲になる。「初めてのおっぱいの感触はどう? 柔らかい?」妖艶な美女・朱里に自信をつけさせてもらった賢太は思いを寄せる管理人の美幸とも心の距離を詰めていくが、なかなか一線を越えられずにいた。浪人生に春は来るのか!?日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル!