射精(呑み込む)

但馬庸太

痛みに顔を顰めて振り向いた裕恵の前に、まだ勃起を保った極悪棒があった

裕恵は噎せるも、顎を掴んだ手は離してくれなかった。 「いいぞ。美人女将が精飲する旅館なんて、繁盛間違いなしだ」 「ごほ、えふ、はぁ、はぁ。も、もう勘弁してください」 ようやく解放され、畳にへたり込んで裕恵は懇願した。 酒と精液で意識が朦朧と...
但馬庸太

むしろ暴れたせいでペニスに吸い付く形になって、意図せずいやらしいフェラチオを披露する羽目になっていた

(ああ、なぜ。どうしてなの) 感じているはずはなかった。借金のために仕方なく奉仕しているだけで、蜜液で濡らすなんてあり得ないと思っていた。 だが現実は残酷だった。 祐介が五指を使って谷間を上下に擦ると、淫らがましい体液が熟れた花弁と尻の窄み...
天海佑人

エマはただ口で受けているだけではなかったのだ。脈動するペニスの先端に舌をからめつつ、唇を上下させていた。

「あっ……出るっ」 ペニスを引こうとしたが、遅かった。ブロンド美女の口の中で、ペニスが脈動した。 どくどくっと凄まじい勢いで、ザーメンが噴き出した。 「おうっ、おうっ……」 孝典は生徒指導室の中で、雄叫びのような声をあげていた。 エマはただ...
空蝉

射精したばかりだというのに彼の股間で反り立つ肉棒には、陰りが見えない

「は、っぁ……ふ、うぅンッ」 愛しい人の目が向いた事で、余熱に炙り立てられた美幸の肢体が、落雷に撃たれたように震えた。咄嗟にしゃがみ跪く姿勢を取ったのは、賢太に衣装と媚態を余さず見て欲しかったから。思惑通りに見惚れる彼の表情が、また堪らなく...
北都凛

そのせいか、すっかり飢えきった様子で肉棒をジュルジュルとねぶりまわす

先ほどと同じように、まずは浩二の肉棒をしゃぶらせる。 「はむうっ……ンンっ……ううンっ」 京子はバイブで嬲られただけで、まだ一度もイッていない。そのせいか、すっかり飢えきった様子で肉棒をジュルジュルとねぶりまわす。あの勝ち気でプライドの高い...
北都凛

昨晩も公園のベンチでフェラチオをさせられて、大勢の浮浪者たちに覗かれた

そのたびに、肉欲に負けて淫ら極まりない命令を聞いてしまう。 昨晩も公園のベンチでフェラチオをさせられて、大勢の浮浪者たちに覗かれた。見せ物にされる屈辱にまみれながらも、やめることができなかった。自ら太幹に舌を絡めて樹液を吸い出し、喉を鳴らし...
北都凛

そして髪の毛をそっと掴んで顔を上向かせてやれば、あれほど高慢だった貴婦人が喉を鳴らして少年のザーメンを嚥下していく

「精液は出したら駄目ですよ。貴重な一番搾りですから、よく味わってお召しあがりください」 神谷は頬を膨らませたままの夫人を見おろし、当然のように言い放つ。そして髪の毛をそっと掴んで顔を上向かせてやれば、あれほど高慢だった貴婦人が喉を鳴らして少...
北都凛

京子はアナルをヒクつかせながら噎び泣く。華道の師匠に贈るパールのネックレスは、まだ直腸深くに埋めこまれていた。

「咥えてるだけでは駄目ですよ、舌も使ってください。旦那さんに知られたくないでしょう?それなら私を満足させるしかないんですよ」 長大な肉槍が喉奥に到達し、吐き気と息苦しさに襲われる。下になってのシックスナインで拒絶できないまま、いつしかハード...
葉川慎司

長さ十五センチくらいの祐司のペニスは半分ほど瑞穂の口腔に呑みこまれ、びくびく引きつりながら精液を放出している

(瑞穂さんが、僕のザーメンを……) それは淫靡で、感動的な光景だった。祐司は絶頂の圧倒的な快感に惚けながら、肉棒を呑みこんだ瑞穂の唇を見つめた。 長さ十五センチくらいの祐司のペニスは半分ほど瑞穂の口腔に呑みこまれ、びくびく引きつりながら精液...
葉川慎司

瑞穂はペニスの角度を調整し、口の中にぱくりと呑みこんだ。なま温かな快感が、ペニスの先端に広がっていく。

「我慢しなくていいんですよ」 瑞穂はペニスの角度を調整し、口の中にぱくりと呑みこんだ。なま温かな快感が、ペニスの先端に広がっていく。 「あああーっ!」 その瞬間、なにも考えられなくなった。頭の中が真っ白になり、下半身で爆弾が破裂したように、...
庵乃音人

今度は互い違いに左右の乳房を動かして肉竿を擦る。ぢゅるぽ、ぴちゃ、ぐぢゅ。乳房の谷間でペニスが泡立ち、口腔粘膜に包み込まれた亀頭から志摩子の涎が竿に垂れた。

「うっ、ううっ、志摩子さん……これ……たまらないです……」 貴史は歓喜にむせび、二つの乳肉の窮屈な谷間で上へ下へとしごかれる陰茎の快感にうっとりと全身をとろけさせた。 「気持ちいい?先っぽの赤いところ、こんなにぷっくり膨らんでる……」 息を...
御堂乱

肛門を見せたまま尻を振るという恥態をさらした弥生は、もう失うものなど何もないと感じている

「や、やめて……お嬢さまを傷つけないでッ」 弥生は尻を向けたまま慄えあがった。 「だったらやるんだ。さあ、床に四つん這いになれ」 竜二がドスのきいた声で命じた。 弥生の官能美あふれる裸身が床に這うと、 「そのままこっちへ這って来い。シックス...
小鳥遊葵

手のひらに乗せた肉棒を、健太の下腹に押し付け、咲枝の舌が肉竿全体を下方から先端へとずるずる舐めあげる

「あっ、咲枝さん、いきなり、そんな……」 何事にも積極的な咲枝らしい振る舞いだった。すっと手が下降し、いきり勃った肉棒を不意に短パン越しに掴まれた。 「だって、健太ちゃん、あんなに濃いキスで、あたしに火を点けるんだもの……」 有無を言わせな...
未分類

留美子さん、お口で呑み込んだだけじゃない……。次にはこの素敵な肉棒を挿し込んで、あそこの奥に射精させた

(だめよ……。それだけは絶対、だめ……) すでに喘ぎ声をもらしている由美の思考は纏まりがない。ただ熟女の知恵が由美にある結論を与えていた。 (そうよ。お口も健太ちゃんが大好きな太ももも指もすべて使い、健太ちゃんが音をあげるまで、種ミルクを射...
小鳥遊葵

留美子さんは、浴室で健太ちゃんのお魔羅をお口で愛し、健太ちゃんの種汁のお初をすべて呑み込んだ……

(ああ、でも、健太ちゃんの、あの、お魔羅……) それが今なお、目の前にそびえているような錯覚に陥る。由美は、どうしたらいいの?と自問し、答えが浮かばないままに立ち上がる。 (留美子さんは、浴室で健太ちゃんのお魔羅をお口で愛し、健太ちゃんの種...
小鳥遊葵

る、留美子さんが、僕の精液を、の、呑んでる……

「ああ、ご、ごめんなさい……。僕、我慢できなくて……」 「ううん、いいのよ。私、健太くんがこんなに感じて、ううっ、いっぱい、ミルクをお口に出してくれたことが、とても、嬉しい……」 スムーズには嚥下できない量だった。勢いも亡夫の比ではない。呑...
羽沢向一

尚樹の感嘆の言葉を肯定するように、亀頭を咥えたままの彩海の顔が上下する

「ぼくが出した精液を、彩海さんが飲んでる!」 尚樹の感嘆の言葉を肯定するように、亀頭を咥えたままの彩海の顔が上下する。その動きが、また尚樹に快感を送り、尿道内に残っていた精液がまた押し出された。彩海の口内でひくつく鈴口から、新たな精液がこぼ...
羽沢向一

盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った

左手にいじられる睾丸からマグマがあふれ、肉幹を握る右手の指の中を通過して、焼けつく亀頭の先端から噴出する。 盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った。 「うんんんっ、ぐむっ!んむううっ!」 尚樹の見つめる前で、彩海の顔がとろとろに...
巽飛呂彦

あっと言う間に口の中いっぱいに満たし、あふれる精液に、貴和子が思わず顔を強ばらせる

「ぉぉあああ!出る……貴和子さん、出ちゃう……!」 なすすべもなく、貴和子の口腔内で爆発する広海の肉棒。熱い精液を大量にぶち撒けていく。 「ンゥ!ゥゥ、ン……ゥ、コク、コクン!コクッ……チュプ、チュ」 あっと言う間に口の中いっぱいに満たし、...
巽飛呂彦

止むどころかますます勢いを増す静羽のフェラチオに、とうとう広海の肉棒が追い詰められ、白い炎を噴き上げる

止むどころかますます勢いを増す静羽のフェラチオに、とうとう広海の肉棒が追い詰められ、白い炎を噴き上げる。 ビュビュ!ビュルルシャァア……! 深く含み込んだ静羽の口腔内、その喉奥めがけて発射されると、 「ンゥ!」 一瞬、眉を尖らせ、表情を曇ら...