スカート(短い)

葉川慎司

短いスカートの奥が、ほんの一瞬覗いた。白い太腿が躍動するように動き、その奥にはっきりとピンク色の布地のようなものが見えた。

(もっと高いところを掃除してくれないかな。床掃除じゃ、這いつくばらないとスカートの中なんて、覗けないよ……) 瑞穂が動くたびスカートの裾がずり上がる。見えるのは太腿の半ばほどまでだった。それでも、十七歳の少年には充分刺激的な光景といえる。...
小鳥遊葵

尻もさほど大きくはないが、タンクトップを内側から膨らませている肉乳の大きさが健太の目を惹いた

「ねぇ、きみ……」 女の声に立ち止まる。見ると、薄いタンクトップにミニスカートの若い女が立っていた。美形だった。 (この恰好って、昼の咲枝みたいだ……) 改めて見直した。見事なプロポーションだった。たったいままで交わっていた咲枝のよう...
小鳥遊葵

少しだけ捲れ上がったミニスカートからはみ出た、むっちりと肉感的な太ももの一部までが目に入った

昨夜から朝まで、留美子の口や体内に何度も精液を放ち続けていたにもかかわらず、健太は隆起し続けている肉棒を持て余していた。 (だめだよ、ママ……。僕、コーヒー飲むより、早く部屋に行って、ママの体を思い浮かべながら、ち×ぽ、扱きたいよ……) ...
小鳥遊葵

メロンのような二つの乳房が、義母が体を動かすたびに、これ見よがしに揺れる

引き寄せる義母の手の力がじんわりと健太の肌を刺激する。午前九時になったばかりだった。朝から陽が照り付け、外はすでに汗が滲むほどに暑い。 (ママの体の線が……) 特別な装いをしているのではなかった。いつも家で着ている、ベージュの半袖のサマ...
北條拓人

細腰を捩らせ恥じらう姿を尻目に、俊輔はナース服の裾をさらに大きく捲り上げた

「うわあ、エッチな眺め……」 ミニ丈のナース服は、逆Vの字に大きく開脚しているため、太ももの半ばよりもさらに上までずり上がっている。赤いショーツのクロッチ部分さえ、恥ずかしげに顔を覗かせている。さらには、黒いストッキングを吊るガーターベル...
北條拓人

彼女のボディラインがはっきりと判るタイトなデザインは、裾が太もも部分までしかないミニ丈だった

現れた千夏が、いつものメイド服ではなかったからだ。 わずかな間に着替えてきた千夏は、愛らしいナース服に身を包まれていた。 眩しいほど純白のナース服は、フェティッシュな魅力に溢れるワンピース。彼女のボディラインがはっきりと判るタイトなデザ...
羽沢向一

マイクロミニときらめくアンダースコートに守られているはずの尻が、裸以上に無防備に見える

彩海の裸の後ろ姿なら、裸の尻なら、昨日のうちにさんざん見た。しかしチアリーダーの姿は別だ。マイクロミニときらめくアンダースコートに守られているはずの尻が、裸以上に無防備に見える。 「めくるよ!」 両手で裾をつかみ、今度は一気にめくりあげ...
羽沢向一

尻を背後の尚樹へ突き出し、犬がしっぽを振るように、むっちりと張った豊臀を左右にくねらせる

彩海が立ち上がり、背中を向けて、キッチンシンクの縁に両手をついた。尻を背後の尚樹へ突き出し、犬がしっぽを振るように、むっちりと張った豊臀を左右にくねらせる。赤いマイクロミニの裾がひらひらとはためいて、純白のアンダースコートの光沢がキラキラと...
羽沢向一

ワンピースの裾がずり上がり、膝から太腿が覗く

彩海が立ち上がろうとして、腰を浮かせた。ワンピースの裾がずり上がり、膝から太腿が覗く。むっちりした肌色がより鮮明になって、少年の目を射抜いた。
羽沢向一

とにかく今日もまた、ミニスカートから伸びる二本の足はまぶしく

テラスに面した居間のガラス戸が開き、彩海の白いワンピース姿が顔を出す。一週間前の、聡史がアメリカへ旅立った翌日に着ていたものと同じデザインだ。ただ尚樹の目には、さらに少しだけ裾が短くなっている気がする。とにかく今日もまた、ミニスカートから伸...
タイトルとURLをコピーしました