し・下乳

北條拓人

指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる

「ああ、ダメですぅっ、これ以上敏感にさせちゃいやぁっ」 下乳に辿りついた手指を、その根元からツンと尖った頂点まで、ずずずずずっとなぞりあげる。指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる。途端に、ロケット美乳がブルンと震え、さらに尖りを増し...
北條拓人

脇から下乳の丸みまでの曲面を指先に捉え、ぞろりとなぞった

明快な返事をできないでいる寧々の乳房に、再び掌をあてがった。 「寧々が乱れる色っぽい姿、いっぱい見せてね」 力なくいやいやと首を振る寧々。それでいて、抵抗する様子はない。それをいいことに、俊輔はリンパの流れを意識して、脇から下乳の丸みま...
北條拓人

ほぼ同時に、窮屈に押し込められていたまろやかな半球が、ばいんと迫力たっぷりに零れ出た

作業をする手指に背筋をくすぐられ、またしてもぞくぞくっと淫波が駆け抜ける。 「ああっ……」 切ない吐息に、ホックが外れる音が重なった。ほぼ同時に、窮屈に押し込められていたまろやかな半球が、ばいんと迫力たっぷりに零れ出た。 開放された乳...
北條拓人

寝そべってもそそり立つおっぱいに、舌の表面をべったりと付け、下乳からその頂点まで、ずずずずっと一気に舐めあげた

(そうだよ。このほくろが何よりの証拠だ……) そう思い直し、右乳のほくろにぶちゅりと唇を寄せた。乳臭い甘さと微かな汗の成分が、口いっぱいに広がる。 レロレロとほくろを舌先でくすぐった後、ちゅちゅっと乳丘にキスの雨を降らす。 「ひあ、あ...
北條拓人

ぶるんと音を立てて乳房が解放され、下乳の丸みがたっぷんと重く揺れ、深い谷間が左右に開いた

プッツ──。 生温かい口腔内の感触に鳥肌を立てながら、俊輔はホックを外すことに成功した。ぶるんと音を立てて乳房が解放され、下乳の丸みがたっぷんと重く揺れ、深い谷間が左右に開いた。 「ああっ……」 再び寧々が、小さな悲鳴をあげた。反射的...
北條拓人

思いをぶつけるように、薄布の上着や白衣ごと、豊かな膨らみを掌で寄せあげた

思いをぶつけるように、薄布の上着や白衣ごと、豊かな膨らみを掌で寄せあげた。ふわんとした物体が、着衣越しでも手指官能を刺激してくれる。神に捧げられた無垢な膨らみが、生身の男を悦ばせぬ訳がない。 下乳に片手ずつあてがい、丸みに沿ってその大きさ...
北條拓人

小玉のメロンほどもありそうな巨乳が、下乳から支えられるようにして抱かれている

無言で焚き火にあたりながらも俊輔は、視線だけを動かし、彼女の様子を盗み見た。何度もチラ見するうちに、だんだん視線は魅惑の胸元に吸い寄せられてしまう。小玉のメロンほどもありそうな巨乳が、下乳から支えられるようにして抱かれているため、その迫力た...
北條拓人

白衣に押し込められていた膨らみは、きつい軛から放たれた刹那、ぶるんと空気を震わせるようにして飛び出した

身悶えるナース服の前ボタンをもどかしい思いで一つずつ外し、襟前をグイッと割り開いて素肌を露出させた。 白衣に押し込められていた膨らみは、きつい軛から放たれた刹那、ぶるんと空気を震わせるようにして飛び出した。その美しさに息を呑みながらも俊輔...
北條拓人

やわらかくもふにゅんと形を変える肉房を、慎重に潰しては緩めを繰り返す

慈愛に満ちた微笑に勇気づけられ、膨らみを覆う手指に、ゆっくりと力を込め、下乳にあてがった指先を絞りこんだ。 「うわぁ、ゆ、指がめり込んでいく」 乳丘に指が、どこまでも沈みこんでいく。それでいて、力を緩めた途端に心地よい反発が返ってくる。...
羽沢向一

熟した巨乳を黒く彩るブラジャーは、ハーフカップ以下のサイズで、かろうじて乳首と下乳だけを隠している

熟した巨乳を黒く彩るブラジャーは、ハーフカップ以下のサイズで、かろうじて乳首と下乳だけを隠している。薄いレースは内側の白い乳肉と溶け合い、艶めかしい色合いを生みだしていた。 ギリギリで隠されている乳首は、一日がかりのバイブの刺激で、まだ一...
タイトルとURLをコピーしました