お椀型のおっぱいはまるでメロンの実を半分に割ってつけたようなボリュームだ

慌てて腕の力を抜くと、美波は、はにかんだ微笑を浮かべて首をかしげた。その拍子に白いビキニに包まれた豊満なバストがふるふるっと揺れて水滴が飛ぶ。
(近くで見ると、すごい迫力だ……)
細い二の腕と鎖骨の辺りは華奢なのに、お椀型のおっぱいはまるでメロンの実を半分に割ってつけたようなボリュームだ。こんなずっしりと大きな胸を細いビキニの紐だけで支えているかと思うと、ハラハラしてしまう。バストを包む三角の布地は小さく、そこからぷにっとはみ出した下乳は、陽に焼けておらずに真っ白なのが妙になまめかしい。ビキニからはみ出したセクシーな日焼け跡に、水着をすべて剥ぎ取ってしまいたい欲望がこみ上げてくる。

出典:~夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

著者: 大泉りか

夏色誘惑アイランド 艶色母娘とビーチラブ (リアルドリーム文庫)

ひと夏の甘色青春体験!夏休みに常夏の島でバイトをすることにした大学生・宣英。青年はバイト先である民宿の艶っぽい女将・凪子や日焼け肌が眩しい純朴娘・美波と心身共に親しくなってゆく。さらに美波の友達のギャル風少女・ちえりにも誘惑されて……。「胸がドキドキして苦しくて……どうしていいかわからないよ」離島で描かれる甘美で爽やかなひと夏の青春模様!

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!