中空の巨尻が艶めかしくうねった

「ひっ、ひいいいっ」
もげ落ちんばかりに魔指がはさみつけられる。肛門部を突いてやると、そのたびに巨尻が引きつり、比佐子の口から呻きがもれだす。さらに爪の先で細かく引っかいてやる。たまらず比佐子は身をくねらせる。中空の巨尻が艶めかしくうねった。
あの女王様然としていた比佐子が、尻穴を掘られて気息奄々としているのが痛快だ。