ヒップがプルッと小さく揺れる。肛門がキュッとすぼまる。

広海は手を伸ばすと、目の前の肉唇を開く。左右いっぱいに押し広げた。
「ゥゥ、ン!」
肉棒をくわえたままのあかりが身じろぎした。ヒップがプルッと小さく揺れる。肛門がキュッとすぼまる。
しかし広海は手を離さない。指でたっぷり広げられた肉裂は、膣前庭のすべてと、膣孔、それに陰核包皮から半ば顔を出した肉芽までものぞかせている。広げられても、わずか指二本分ほどの小さな部分に、あかりの羞恥と女のすべてが詰まっていた。
すでにたっぷりの蜜に濡れまみれた恥肉は、薄ピンク色にヌラヌラぬめっている。膣前庭の下端、いまは上下逆なので肛門に近い上端に当たる部分に、プカッと口を開ける真紅の膣孔。内奥には、蜜にとろけた膣襞がのぞいている。

出典:~人妻温泉(フランス書院文庫)

著者: 巽飛呂彦

人妻温泉 (フランス書院文庫)

「自分から誘ってくるような人妻はお嫌い?」脱いだ浴衣の下に現れる貴和子の熟れきった女体。白いうなじから漂う色香、細腰から双臀に連なる曲線。腹を着れば貞淑な一児の母も湯船では淫らな美獣に!アルバイト先で少年が体験する極楽の年上温泉郷。27歳、35歳、40歳…「堕とし頃」の人妻たち。