膣洞を花蜜がタラリと一筋伝い落ちていく

反駁も空しく、再び魔指の微動が襲った。性悦に耐えかね、大の字の肢体は罠にかかった小動物のように震撼させられる。肉奥がジュンッと煮えたった。膣洞を花蜜がタラリと一筋伝い落ちていく。女体を守らんとしていままで分泌されてきた体液とは明らかに性質が異なり、性悦のために迸らせた恥ずかしい蜜である。漏らすまいとして、つい股間を気張らせた。卑劣な責めに感応してしまう女の肉体を理香は呪った。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!